cococi2000 PROJECT

cococi2000

2012年8月、私たちはcococi2000PROJECTを発表いたしました。
“cococi”みたいな場所を、全国に2000か所創ろうという壮大なプロジェクトですが、私たちが2000個の”cococi”をすべて運営するのではなく、たくさんの仲間を見つけて、2000種類の”cococi”を創るので、実はあっという間にできてしまうのではないかと思ったりもしています。こんな風に働けるなら、私も働けるかもしれない。こんな風に働けたらもっと幸せ。こんな風に働けたらもっともっと仕事が楽しい。いつでも、誰でも、どこにいても、何をしていてもその人らしく暮らし、働くことができる社会の実現のために、シゴト軸での新しいコミュニティづくりに取り組んでいきます。

発表時のプレゼンテーション

Cococi2000PROJECTに向けたアクション

「地域」や「女性」に限定しない、多様なステークホルダーとの共創

2014年6月キックオフイベント開催

全国からcocociのような場所やセタガヤ庶務部のような組織を作りたい!という方々に集まっていただきいよいよスケールアウトに向けたキックオフイベントを開催しました。現在リーダー向け相談会を定期的に行いながら仕組みをブラッシュアップする段階へと入りました。

キックオフ動画(2時間程度)

キックオフ資料

NPO向け支援プログラム

本プロジェクトに絡めて下記のような支援を行っています。(費用については要相談)

メニュー:チームコンサル支援/チーム運営/仲間づくり相談/非営利と事業の違い

サービス内容

  • ・cococi2000プロジェクト参加団体向け特別支援プログラム
  • ・団体の課題や目標の洗い出し
  • ・団体にあったプログラムの構築

ニーズ
・シゴト軸のコミュニティ創りのために必要なこと

> お問い合わせはこちらから

フューチャーセッション

フューチャーセッションとは、「セクターを超えた対話で未来をつくる場」のこと。最適解のない複雑な問題を解決するために、多様な立場の人たちが資源を持ち寄り、違いを超えた対話を通し、新たな関係性とアクションを生み出す場です。私たちは、「地域×女性」をメインテーマに掲げ、共に新しい可能性を探り、創造的なアイデア、具体的なアクションについて考えています。

Loco-working協議会

Loco=地元、co-working=共に働く。Loco-working協議会とは、「“暮らす”と“はたらく”が愛着のある場所でつながったらもっと幸せ」になれることを信じて、そんなはたらきかたを選ぶ「Loco-worker」を増やすための活動をする団体です。Polarisの呼びかけにより、「コミュニティ」ベースの新しいはたらきかたに取り組むメンバーが集まり立ち上がりました。

Loco-working協議会サイト

Loco-working Space

「暮らす」と「はたらく」がつながる場がLoco-working Space。地域の温かい関係性の中で、多様な人たちや事業にふれ、新しいはたらきかたに一歩踏み出すためのシゴト軸でのコミュニティです。cococi2000PROJECTとも連動し、その地域ごとの資源が集まり、地域ごとに必要な場が全国に広がっていくよう、多様な方の支援を集めていきます。