私たちの取り組み

“ワークシフト”と”ワークスタイルの変革”の2つの視点

ワークシフト -新しい価値を創出する-

働き方の未来や新しい可能性を発信する取り組み

地域から新しい組織、新しい価値を創出することを目的に多様な立場の人たちと一緒に働き方の未来を考える場を設けています。「地域×女性」をテーマとしたFuture Sessionの開催や、働き方の祭典である”Tokyo Work Design Week”へのプログラム参加ほか、「働き方の未来」に関するセッションに多く参加しています。

TOKYO WORK DESIGN WEEK

渋谷ヒカリエで2013年から行なわれている働き方の祭典「TWDW」に2014年からコンテンツオーナーとして参加しています。

過去のTWDWとTWDW SETAGAYA
TWDW SETAGAYA2014
TWDW2014
TWDW SETAGAYA2015
TWDW2015

Future Session

“対話””未来思考””問い”。これらのキーワードを持つFuture Sessionというワークショップの手法を用いて各種セッションを実施しています。

過去実施したセッション
地域×女性フューチャーセッション vol.1「地域でつくる未来の場創り」お礼と開催のご報告
地域×女性フューチャーセッション vol.2「地域でつくる未来の場創り」お礼と開催のご報告
地域×女性フューチャーセッション vol.3「街×co-working の可能性」お礼と開催のご報告 — リソースをかけあわせる = 共創 —
Child Future Session 「子ども」×「キャリアデザイン」×「場」
企業×学生×女性 @文京 フューチャーセッション「仕事を通してみんなが繋がる ~ここちよく暮らし、はたらくまちを創る」

ワークスタイルの変革 -今の暮らしの中で働き方を最適化する-

地域の人材会社を目指した取り組み

多様で柔軟なはたらき方を通して、地域発の人材活用モデル・ビジネス生態系を創ります。
持続的な活動にするために組織づくりと仕組みづくりで基盤を整え、地域の人材の掘り起こしを各種プログラムで実施し、地域ではたらくを実現するために価値提案を行っています。