調布系ワークスタイル

はたらき方でまちをおもしろく

”いいまちってなんだろう?”

私たちは2011年8月から仙川に拠点を構え、翌年、地元企業の林建設とLococociの運営を開始、その後株式会社MNHとワークシェア拠点のトライアルを実施しています。5年間、調布に留まらず、様々な地域の多様な人たちと「愛着のある地域ではたらく」ための土台づくりを進めてきました。
11月よりもう一箇所市内に拠点が増え、この先はより多くの方に関わってもらう可能性が広がりました。2020年オリンピックの後も”ここはいいまちだね”、そうまちの人が言えるここちよいまちづくりをしていきたいと考えています。
調布系ワークスタイルを確かなものに、調布の未来をはたらき方で変えていきたい私たちの想いを実現していきます。

 

私たちが考えるシェア
私たちの事業の根本は”持ち寄るシェア”から成り立っています。
「足りないからできない」ではなく、「足りないから誰かと協働できる余白がある」、そう考えています。
自分一人ではやれることに限界があります。でも誰かと、その誰かの仲間と、またその仲間・・・と増えていけばやれることはどんどん大きくなります。

「早く行きたいなら一人で、遠くへ行きたいならみんなで行け(If You Want To Go Fast, Go Alone. If You Want To Go Far, Go Together)」
このアフリカのことわざが示すように、地域のみんなとありたい未来に行けると思っています。

つながる場ときっかけづくり
私たちの取り組みで紹介していることに加えて調布では拠点やイベントを通して多様な人が出会うきっかけづくりをしています。

つながる場づくり

4つの拠点

cococi@仙川|フューチャーセンター。調布の”内”と”外”が入り混じる場
地域発の働き方の新しい可能性の種を沢山提案していく場。cocociのつくり方を始め、仕事軸のコミュニティづくりの実践を伝えていく場。その他に女性の起業応援事業として実施しているおうち起業講座の卒業生がシェアワークスペースとして利用しています。また、セタガヤ庶務部メンバーのコワーキングスペースとしても機能する地域のはたらく場です。
起業女性とセタガヤ庶務部がコミュニケーションをとることでいつもと違う情報に接することもできるため、誰かがいることで起きる化学変化を楽しむこともできます。実際に庶務部で働く女性に出会うことができるので見学者も多く訪れます。
cocociのスペースについて
cococi garden@調布ヶ丘|[BTN×MNH×Polaris]多様なヒトとモノが集まるワークシェア拠点
IMG_0522

スポーツを核とした社会・地域振興と関連する雇用の創出を目指す一般社団法人バトン・トゥ・ザ・ネクスト、地域商社株式会社MNHと地域の人材会社を目指すPolarisの3者が協働でつくる地域のワークシェアを推進する拠点です。
中小企業の”大事だけど本業でないため後回しにしがちな仕事”を集めて地域の女性(セタガヤ庶務部)や多様な団体が請け負う仕組みづくりをしています。また、働き方の発信拠点として各種イベントを実施しています。

Locococi@国領|[林建設×Polaris]育児中の女性を対象に身体と心を整える居場所づくり
locococi%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%b3%e9%96%a2%e9%80%a3
近隣に調布の施設「子ども家庭支援センターすこやか」や産後ケア施設「sage femme」を訪れる女性を対象に安心できる場を提供しています。フリーランスのセラピストやヨガインストラクターの方が個別の施術などでも利用しています。
乳幼児期の所属がない女性たちの貴重な時間をここで過ごすことで次への一歩を踏み出せるように整えられればと考えています。
※2018年5月31日をもって閉鎖いたしました。
co-ba CHOFU|[ツクルバ×林建設×Polaris]出張セタガヤ庶務部付きコワーキングスペース
co-bachofu01

立ち上げ当初からイメージしていた出張セタガヤ庶務部を実現するコワーキングスペースです。場の発明カンパニー株式会社ツクルバと地元企業林建設で立ち上げた場の運営を私たちが2016年11月よりスタートさせます。まちに開いた場づくりを実施していきます。
| co-ba chofu(外部リンク)

イベントの実施

調布はたらき方マルシェ「自分らしいはたらき方の方法は? 〜身の丈の生態系をつくってはたらく〜」をテーマにトークセッションや座談会、ワークシェア体験会などを実施しました。地域の女性が一歩踏み出すきっかけづくりや地域資源を持ち寄る体験を通して誰かと協働する楽しさなどを体感してもらいました。
はたらき方マルシェ2016
はたらき方マルシェ2017
はたらき方マルシェ2018
子どものいる暮らしの中ではたらくを考える座談会【定期開催】zadankai_mozoshi

「心地よく暮らし、働きたい」という一つの問いを共有し、多様な答えが共存できる方法をみんなで考える座談会です。調布ではカフェaonaにて月1度実施しています。育児中の女性の参加が多いですが多様な意見をよしとする座談会のため、男性や単身の方も広く受け入れています。
座談会について

受け皿をつくる

イベントに参加したり、セタガヤ庶務部で働く友人がいたり、調布のいろんな場所でこれからの働き方に触れたら動きたくなる人がいます。そうした人たちが次のステップとして踏み出せる階段づくりをしています。

セタガヤ庶務部
現在200名ほどが所属しています。結婚、出産や育児で働くことを諦めた女性の次の一歩はとても勇気がいるものです。「庶務ならできるかも」そう思ってもらうために”セタガヤ庶務部”と命名しました。
発足から4年ほどが経ち、古くから所属するメンバーのライフステージにも変化が訪れています。ここをきっかけに再就職に踏み出した人、改めて育児に向き合う選択をした人、近所でアルバイトをしながら在籍する人・・自分らしいはたらき方を実現しているメンバーも出てきています。
| セタガヤ庶務部について
「おうちから起業」講座
”好きを仕事にしたい!”でもどうしても小さくなりがちな女性の起業を応援する連続講座です。2015年までインキュベーションHUB推進プロジェクト事業の支援を受けて実施していました。地域に素敵なお店が増えることも目指して2016年からは自主事業として講座を実施しています。
| おうちから起業 Facebookページ