事業内容

Polarisは、地域の中で多様なはたらきかたを実現するための、様々な仕組み創りに取り組んでいます。

jigyo


ソーシャルデザイン事業部

未来の働き方を創る 社会変化に適応する新しい人材活用の仕組みをつくる

「未来におけるあたりまえのはたらきかたを創る。」社会課題の整理、潜在ニーズの掘り起こし、事例発信、調査・研究などを行っています。

2015年研修実績

「社会課題解決フューチャーセッション」
平成27年度なかのライフサポートビジネス創造塾
川越創業スクール開講記念 スタートアップフォーラム
SEEDx 地域未来塾 所沢創業スクール 無料体験講座
リクルート iction!
ふくおか女性いきいき塾 フォローアップセミナー
ICTコーディネーター養成講座
SEEDx 地域未来塾 所沢創業スクール
就職支援セミナー 「しごとと子育て両立パネルトーク」
自由大学 生き方デザイン学
ローカルシフトを考えるフューチャーセッション
ソーシャルビジネススタートアップ講座 他多数


ワークデザイン事業部

今の働き方を最適化する 一人ひとりの暮らしにあわせて、働き方を最適化する

地域には、はたらき方のニーズと既存のはたらき方モデルが合わないため、「能力がありながらも活用しきれていない人材」が多く眠っており、ビジネスの現場には「誰かにお願いしたいが、誰でもいいわけではない仕事」が多く眠っています。

ワークデザイン事業部では、働く場所や時間を柔軟にし、チームで業務を遂行するワークスタイルを取り入れています。


ロコワーク事業部

CSV(共通価値の創造) ロコワークの実践を通した社会貢献度の高い事業モデル

愛着と誇りを持って、自分の生活からの視点やそのまちにある資源を活用し、今までと違う視点を取り入れることで新しい価値を創り出します。
暮らしにまつわる3つの領域(不動産/地域環境/生活者の視点)で事業モデルを構築していきます。

くらしのくうき特別サイトはこちら