カテゴリーアーカイブ 講演

投稿者:スタッフポラリス

【登壇情報】
「つなぎすと府中養成講座」に取締役ファウンダー市川が登壇

府中市市民活動センター プラッツ主催「つなぎすと府中養成講座」が、
2021年5月22日(土)から全8回の連続講座で開催されます。

本講座にて、5月29日(土)の第2回に、
取締役ファウンダーの市川望美が講師として登壇します。

開催概要

日時:2021年5月22日・29日
      6月5日・12日・26日
      7月3日・10日・17日(全日土曜日)
   各回共に13:30~16:30

   ※5月8日(土)に事前説明会(無料/申込不要)あり


会場:Zoomオンライン開催(状況に応じてプラッツ会議室で実施)

参加費:4,000円(学生2,000円)

定員:20名(志望理由により選考)

詳細:府中市市民活動センター プラッツHP

申込方法:ウェブフォーム(https://bit.ly/3lgZxIX)からお申込みください
※申込締切2021年5月14日(金)

主催:府中市市民活動センター プラッツ



女性の多様な働き方、創業・起業支援、ワークシェア推進、組織開発などテーマやニーズに合わせてご提案いたします。

Polarisの「講演・セミナー」詳細については、こちら

講演依頼はこちら

投稿者:スタッフポラリス

【開催終了】オーガニック料理教室ワクワクワーク主催 「仕事のはなしをしてみよう・特別編」取締役ファウンダーの市川が登壇

去る2月2日に開催された、オーガニック料理教室ワクワクワーク主催 「仕事のはなしをしてみよう・特別編」~自分らしくはたらくこと。好評につき、第2回の開催が決定しました。
前回に引き続き、ワクワクワーク代表の菅野のなさんともに、
ゲストとして、取締役ファウンダーの市川望美が登壇します。

「自分らしさ」を知る方法や向き合い方、日々を心地よく過ごすヒント、自分らしさと収入をどう捉えるかなど、多くの気付きがあったと好評だった前回。
今回はさらにその先、自分自身に向き合い「自分らしさを言語化」するワークを取り入れます。初参加の方も、冒頭で前回の振り返りを行いますので、ご安心ください。

自分らしさとの向き合い方を知りたい!
自分らしさを言語化して、日常をたのしく過ごしたい!
ここから一歩踏み出してみたい!
二人のはなしをゆっくり聞いてみたい

そんな方のご参加をお待ちしています。

開催概要

開催日時:2021年4月6日(火)21:30-23:00
開催方法:Zoomによるオンライン配信
参加費:3,800円
定員:50名
主催:オーガニック料理教室ワクワクワーク


Polarisの「講演・セミナー」詳細については、こちらからご覧ください。
女性の多様な働き方、創業・起業支援、ワークシェア推進、組織開発などテーマやニーズに合わせてご提案いたします。

講演依頼はこちら

投稿者:スタッフポラリス

3/21(日)開催「コミュニティフォーラム2021」に取締役ファウンダーの市川が登壇

NPO法人CRファクトリー主催のコミュニティの祭典「コミュニティフォーラム 2021」が320日(土)・21日(日)にオンラインで開催されます。

21日(日)に開催の分科会にて、『ここちよく「働く」をデザインする~組織・地域・個人の視点から~』というテーマのもと、弊社取締役ファウンダーの市川がゲストのみなさんとお話をさせていただきます。

ご興味ありましたら、ぜひご参加をお待ちしております。

開催概要

日時:2021320() 10:0018:00
2021321() 10:0018:00

開催方法:オンライン(Zoom

定員:150名
参加費:1日券 4,000(税込)2日券 8,000(税込)

お申し込み:Peatixからお申し込み
イベント詳細はCRファクトリーのサイトをご覧ください。

投稿者:スタッフポラリス

オーガニック料理教室ワクワクワーク主催 「仕事のはなしをしてみよう・特別編」~自分らしくはたらくこと 取締役ファウンダーの市川が登壇

オーガニック料理教室ワクワクワーク主催 「仕事のはなしをしてみよう・特別編」~自分らしくはたらくことが、2月2日(火)に開催されます。

“自分らしくはたらく”って、どのような働き方?
他の人とは違う何かを見つけること?
オンとオフのメリハリをつける?
でもなんだかしっくりこない。
そんな気持ちはありませんか?
毎回好評をいただいているトークイベント 『仕事のはなしをしてみよう』の第4弾です!

ゲストとして、ワクワクワーク代表の菅野のなさんともに、
取締役ファウンダーの市川望美が登壇します。

開催概要

開催日時:2021年2月2日(火)10:30-13:00

開催場所:レンタルキッチンスタジオ おでかけキッチン
     武蔵小杉駅徒歩5分
     川崎市中原区小杉町2-294-6 南部メゾン103号

参加形態:①お出かけキッチン現地参加
     ②Zoomライブ中継配信(オンライン参加)

参加費:①おでかけキッチン現地参加:5,800円
    ②ライフ部中継オンライン参加:3,800円  

主催:オーガニック料理教室ワクワクワーク

申込・詳細はこちら


Polarisの「講演・セミナー」詳細については、こちら からご覧ください。

女性の多様な働き方、創業・起業支援、ワークシェア推進、組織開発などテーマやニーズに合わせてご提案いたします。

講演依頼はこちら

投稿者:スタッフポラリス

1/31(日)開催 町田市生涯学習センター主催「自分に素直にはたらくを考えよう」第1回に取締役ファウンダー市川が登壇

町田市生涯学習センター主催イベント「自分に素直にはたらくを考えよう」が1月31日(日)に開催されます。

本イベントにて、“自分に素直にはたらく”をキーワードに多様なはたらきかたの先進事例として、Polarisの取り組みについてお話させていただきます。

ゲストとして、取締役ファウンダーの市川望美が登壇します。


Polarisの「講演・セミナー」詳細については、こちら


女性の多様な働き方、創業・起業支援、ワークシェア推進、組織開発などテーマやニーズに合わせてご提案いたします。

講演依頼はこちら

開催概要

日時:2021年1月31日(日)10:00~11:30

会場:町田市生涯学習センター
   東京都町田市原町田6-6-1 町田センタービル6階



参加人数:12名

参加費:無料

定員:連続講座受講15名 先着申込順(1/31は公開講座:12名)

保育:連続講座申込の方のみ5名(詳細はチラシをご覧ください)

詳細:町田市生涯学習センターHP

お申込み:町田市生涯学習センター 042-728-0071
     12月17日(木)午前9時より

投稿者:スタッフポラリス

Polarisファウンダー 市川望美の日々のこと Vol2

非営利型株式会社Polarisのファウンダー(創設者)である市川望美の日々の行動、思考をお届けします。

市川望美、ステイホームから「ステイ・ホームタウン」に託すもの

日々の暮らしにさまざまな制限が生じたここ数ヶ月、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

私は対外的な仕事がなくなり、外出する機会も一気に減りました。自分が移動した履歴が残る「Google マップのタイムライン(※)」で2月と4月を比べてみると、徒歩・自転車による近距離の移動は69.7%ダウン、車・電車・飛行機などによる遠距離の移動も99.3%ダウンと、それぞれ激減していました。Google マップのタイムラインには、4月1日以降電車に乗る機会が1度もなく、家から一歩も出ない日もあった私の「ステイホーム」な生活がバッチリ反映されています。

会社の事業がコロナウイルス感染拡大の影響でいろいろとストップして、どうやってこの危機を乗り越えていこうか…と不安に思うこともないわけではありませんが、個人レベルでは「『ステイホームでのはたらき方』は快適だし、新たな日常として定着したほうが絶対いいよね!」ということを実感する日々でした。

家とわがまち仙川をベースに、半径600メートル圏内で暮らす――。そんな日々の中で私が実践しているのは、厳密にいえば「ステイ・ホームタウンでのはたらき方」です。

自宅からだと徒歩7分のところにある、Polarisの事務所兼コワーキングスペースの“cococi”。私にとってワークスペースであり、一人になりたいときの駆け込み寺にもなっています。

例えば家で仕事をしてお昼を食べてから行く日、午前中仕事をして、昼ごはんを用意するために一旦自宅に戻る日もあります。机やWi-Fiを使うタイミングが家族と重なって自分だけ出かける日も、自宅でのオンライン学習に飽きた子どもと一緒に出かけていく日もあります。家族と過ごす時間が増えて嬉しいこともあるけれど、一人になりたい時もある。そういう時の逃げ場にもなる。日によってワークスペースの使い方を自分で自由に選べるありがたさを、これほど強く感じたことはありません。

このように、自分の居場所をホームだけではなく、ホームタウンまで拡張してみたときに、「はたらく場所としてのまち」は、コロナとともに生きていくこの時代において、もっともっと探究されるべきことだと思います。「ステイ・ホームタウンなはたらき方」は、家庭の都合と仕事の都合を、うまいこと分解・再編成することができると思うのです。

今までは「職場」「学校」など、「その人その場所その時間」にやることが特化していたけれど、それが一気に家庭に持ち込まれたことで生じる様々な不都合。しかし、家族それぞれが自分の居場所を「ホームタウン」まで拡張し、自分の時間を外に持ち出し、分割したり、誰かの用事と重ねたりすることで、もっと上手に家庭と仕事・学びを再編成していけるのではないでしょうか。

また、「ホーム」には環境的なことだけでなく、文化的な意味合いもあります。Polarisは、それぞれの考えを尊重し、多様な働き方を共存させたいという思いを共有しているので、各家庭の事情や状況を踏まえて柔軟に対応し、協力し合うこともあたりまえにやってきました。自分1人で疑問や問題を抱え、家庭の中だけで完結させようとしなくてもいい、暮らしも気持ちもシェアできる。それが仲間であり、コミュニティであり、場であり、文化である、ということは、不確実・不安定な時代の中でよりどころとなる考えです。

そうした考えと共に、郊外型、住宅立地のワークスペースが、質・量ともにもっと拡大すれば、まちにあるワークスペースが、環境的にも心理的にも、「ホーム」を「ホームタウン」に拡張するときのサードプレイスのような受け皿となるはずで、地域インフラ、社会インフラとして機能し得ると思います。

株式会社SIGNINGが2020年5月1日に、自社のWebサイト上で公開した『Covid-19 SOCIAL IMPACT REPORT』には、コロナ下で得られたポジティブまたはネガティブな変化、これからの時代における課題が調査結果として示されました。「大切にしたい日常」をアップデートすべく、日々を積み重ねていきたいと思います。

※Googleマップのタイムライン:これまでに訪れた場所の履歴が、Googleマップ上に表示される機能。あらかじめ現在地が分かるように設定しておくことで、iPhoneとAndroidの場合はGoogleマップのアプリから、パソコンはブラウザから移動履歴を確認できる。


ステイタウン・ステイホームなはたらき方をはじめとした、Withコロナのはたらき方について、オンライン講演を実施しています。お気軽にお問い合わせください。

投稿者:スタッフポラリス

Polarisファウンダー 市川望美の日々のこと vol1

非営利型株式会社Polarisのファウンダー(創設者)である市川望美の日々の行動、思考をお届けします。

市川望美、「Loco-working」伝道師として全国を回った2019年

※「Loco-working(ロコワーキング)」は、Local(地域)×Coworking(共にはたらく)=Loco-working の略語で、「愛着のある場所で暮らし、はたらく」ことをコンセプトにした、Polarisが提案する新しいはたらき方です。

Polarisの“Chief Story Officer”(事業に「物語」を紐づけていく役割)である市川望美は、「Loco-working伝道師」として全国のさまざまな街に出かけ、愛着のある地域で暮らし、はたらきたいと考える人たちとのパートナーシップづくりを担っています。2011年8月の事業開始以来、北は秋田から南は沖縄まで、19都府県45市区町村を訪れました。

2019年は福岡・糸島にはじまり、仙台、陸前高田、広島、京都、沖縄、秋田を訪問した年。どの地域でも、自分たちの愛着のある場所ではたらき方を作っていきたいという熱い思いを受け取ってきました。

2019年の軌跡

  • 福岡県糸島市:一般社団法人ママトコラボ と共同でセミナー・スタッフ研修 を開催。
  • 宮城県仙台市:民間企業とコワーキングスペースの運営・連携についての打合せ。
  • 岩手県陸前高田市:一般社団法人SAVE TAKATA と、「子育て女性のワークシェア」について意見交換及び市内視察。
  • 広島県廿日市:Firste と「地域女性と地域中小企業によるワークシェア」実現に向けたセミナーを開催。
  • 京都府京都市:パートナーシップを組んでいるウエダ本社utena works と「京都から創る共創型ワークシェアモデル」について打合せ。
  • 兵庫県神戸市:シンポジウム開催に向けた打合せ。
  • 沖縄県:JICA主催のアジア女性社会起業家ネットワーク(AWSEN) のサミットに参加。
  • 秋田県藤里町:地域活性化についての打合せ。

生活様式や文化的背景、まちの中で流れてきた時間や育まれた関係性、課題は街ごとに存在します。そのため、愛着のある地域で暮らし、はたらくために、「Polarisの取り組みをそのまま『まち』に取り入れればOK!」というわけにはいかないのが現状です。しかしPolarisがこれまでに積み重ねてきた実践例が、いろいろな地域の方の役に立つことが増えてきた手ごたえを感じ始めています。今後は、訪問先の地域での詳しいレポートをお伝えしていきますので、ご期待ください!

投稿者:スタッフポラリス

新型コロナウイルス対策に伴うイベント・セミナー延期のお知らせ

平素はPolarisの事業に格別のご高配とご協力を賜り心より御礼申し上げます。

 さて、このたび新型コロナウィルス感染の情勢を鑑み、参加者のみなさま、関係するみなさまの健康と安全を最優先に考慮し、3月実施予定の主催イベント・セミナーの開催を急遽、延期させていただくこととなりました。
 ご参加予定のみなさまには、お申し込みいただいたことへの感謝とともに、大変ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。延期の日程は改めてご案内させていただくべく、現在調整中です。

延期イベント

【自由七科ゼミ】 ライフとキャリアの融合デザイン
〜自分軸で、暮らし働き続けるために必要なこと

日時:3/1(日)10:00~12:00
場所:東京ウィメンズプラザ (表参道)

東京都女性活躍推進大賞・地域部門大賞受賞記念セミナー
女性の働き方から、持続可能な地域づくり・街づくりを考える 〜Loco−workingの実践から見えてきたもの~

日時:3/3(火)13:00〜17:00
場所:公益財団法人 日本財団(赤坂) 

子どものいる暮らしの中ではたらくを考える座談会
日時:3/6(金)9:50〜11:10
場所:カフェ「aona」 (調布)


コミュニティフォーラム2020
日時:3/8(日) 13:00~
場所: EBiS303 (恵比寿)
詳細: NPO法人CRファクトリー「コミュニティフォーラム 2020
――2020年3月4日追記――


引き続き、ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます

イベント延期に伴うお問合せはこちらからお願い申し上げます。

投稿者:スタッフポラリス

【開催延期】東京都女性活躍推進大賞・地域部門大賞受賞記念セミナー 女性の働き方から、持続可能な地域づくり・街づくりを考える 〜Loco−workingの実践から見えてきたもの~


新型コロナウィルス感染の情勢を鑑み、参加者のみなさま、関係するみなさまの健康と安全を最優先に考慮し、本イベントの開催を急遽、延期させていただくこととなりました。ご迷惑をおかけいたしますこと、深くお詫び申し上げます。
Polarisのイベント延期に関するご案内はこちら。2020.02.20追記



Polarisは、2012年の創業以来「誰もが暮らしやすく、はたらきやすい社会の実現」を目指してきました。特に「地域の女性たちが、身近な場で、多様なはたらきかたを実現するための仕組み作り」に注力。9期目を迎えた2019年12月、取り組み実績において、令和元年度東京都女性活躍推進大賞・地域部門「大賞」を受賞いたしました。

私たちは、子育て中の女性の「働きにくさ」という社会課題の解決のため、地域に根ざしたワークシェアの仕組み(Loco−working)づくりを、地元の調布、世田谷エリアから始め、どのような地域でも展開できるよう取り組んでいます。

その中で2019年4月からは、秋田県藤里町において、役場および藤里版ローカルベンチャー推進協議会と協働で、主に育児期女性の活躍の機会づくりを軸とした安心して暮らし働き続けるための仕組みづくりにも取り組んできました。1年弱の取り組みで、地域の女性たちの変化が見られ、その変化が地域内外へ波及。過疎地域からの新しい働き方実現に向け、活動が広がりをみせます。

「地域での女性のはたらき方」を変えることが、どのようにこれからの地域づくり・まちづくりに繋がっていくのかーーPolarisの9年間の軌跡と、秋田県藤里町の事例をひも解きながら、課題解決のヒントを探していきましょう。

開催概要

日時:3/3(火)13:00〜17:00
会場:公益財団法人 日本財団 ( The Nippon Foundation ) 
〒107−8404東京都港区赤坂1丁目2番2号日本財団ビル

参加費:無料
お申込 :Peatix https://jokatsu0303.peatix.com
※尚、チケットお申し込み時にご記入いただく情報は、本イベントへの参加者の確認・受付、及びこれらに準ずる業務のみで使用いたします。


基調講演

亀井善太郎氏
PHP総研主席研究員、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任教授、認定NPO法人アジア教育友好協会理事
1971年生まれ。慶応義塾大学経済学部卒業。日本興業銀行、ボストン・コンサルティング・グループ、衆議院議員等を経て現職。 シンクタンクでは統治機構、財政・社会保障等を中心とした政策研究と立案、大学院ではパブリックの担い手人材の育成、NPOマネジメントとして山岳少数民族の教育支援等を担い、民の立場からの社会課題解決に取り組む。


パネルディスカッション

くわばら ゆうき 氏
KUMIKI PROJECT株式会社 代表取締役/一般財団法人KILTA 代表理事
1984年群馬生まれ。東日本大震災後に岩手県陸前高田市で起業。建築未経験にも関わらず、被災地で住民と集会所づくりに挑戦したことがきっかけとなり、「はじめたい人」を「ともにつくる」で支える空間づくりワークショップの専門集団として、活動範囲を全国へ拡大。
「DIT(Do it together)」をコンセプトに、個人宅・店舗・オフィスなどの空間を参加型でつくるDITワークショップを提唱。全国13都道府県で開催し、500人以上が参加。 その後、2018年1月に一般財団法人KILTA(キルタ)を設立。自分のためにつくるを楽しむ「シェア工房」や「ものづくり講座」から、誰かのためにつくるを活かす「ワークショップインストラクターの育成」に取り組む拠点づくりに取り組んでいる。

佐々木絵里子氏
藤里版ローカルベンチャー推進協議会 プログラムオフィサー
地域密着型ワークシェア事業『藤里版しごとづくり・働き方推進プロジェクト』推進担当
埼玉県春日部市出身。公益財団法人東京財団で約10年勤務(うち2年内閣府出向)し、国際交流・まちづくりなどに関わる人材育成プログラム開発に従事。結婚を機に退職し、夫の住む秋田県藤里町に移住。出産・育児のため約3年専業主婦として過ごす傍ら、ローカルマガジン『とんじこんじ』住民編集部や有志団体でのイベント運営などの地域活動を通じて、地方の現状を学ぶ。2018年から現職。地域で暮らす中で感じた課題意識を元に、藤里町役場と協力して『藤里版しごとづくり・働き方推進プロジェクト』を立案。日々現場で起こる変化を大事にプロジェクトに取り組む。

市川望美
非営利型株式会社Polaris 取締役ファウンダー / Chief Story Officer
1972年生まれ。青山学院女子短期大学卒業後、株式会社電通国際情報サービス入社、2003年長男出産を機に退職。育児をしながら当事者発信型・循環型の子育て支援 NPOに参画し、子育てひろばやコミュニティカフェの運営、起業支援などに従事。2011年内閣府地域社会雇用創造事業ビジネスプランコンペで起業支援案件として採択され、地域における多様な働き方を支える基盤づくりを開始。2011年8月「ここちよく暮らし、はたらく」為の拠点として”cococi” Coworking Space立ち上げ、2012年非 営利型株式会社Polaris設立。「セタガヤ庶務部」等、育児中の女性たちが身近な地域で愛着と誇りをもって働くための仕組みづくりに取り組む。2016年10月より代表取締役を交代し、「多様なリーダーシップ、フォロ ワーシップ」によるしなやかな組織づくりを目指す。高1 男子、中3女子、年子の母。

市川望美

主催:非営利型株式会社Polaris
共催:NPO法人Loco-working協議会
協力:立教大学社会デザイン研究所
   働き方における女性のライフストーリー研究会
協力:日本財団

 

 

投稿者:スタッフポラリス

11/9(土)開催「まちへかかわる第一歩 ジブンをいかす輪の広げ方」に取締役ファウンダーの市川が登壇

足立区NPO活動支援センター主催の「まちへかかわる第一歩 ジブンをいかす輪の広げ方」が11月9日(土)に開催されます。

本イベントにて、子育て支援や、まちづくりのNPO活動を含め、17年間地域で事業に取り組んできた弊社取締役ファウンダーの市川望美が講師として登壇いたします。

足立区に在住、在勤、在学の方で、地域活動にご興味のある方はぜひご参加お待ちしております。

 

開催概要

開催日時:2019年11月9日(土)13:00-15:30
場所:足立区NPO活動支援センター
東京都足立区梅田7-13-1 梅田図書館1階

定員:20人(先着順:10/12(土)~)
参加費:無料(保育あり:事前申込)

※イベント詳細情報はリンク先のページよりご確認ください。

※イベントに参加される方は申込フォームへ。