カテゴリーアーカイブ 創業記念イベント

著者:スタッフポラリス

Polaris8周年イベント 「Polaris的幸福な組織とは〜ダークハピネスが組織のチカラになる」

Polarisの毎年恒例、周年記念イベントを2019年も開催!

8周年を迎える今年のテーマは、「Polaris的幸福な組織とは〜ダーク・ハピネスが組織のチカラになる」です。
Polarisの次の10年を考えるセッションとなります。みなさまのご参加をお待ちしています。

この夏8年目を迎えるPolarisは、創業以来、既存の仕組みにとらわれることなく、多様で柔軟な選択を行えるような組織基盤と文化つくりに取り組んできました。昨年には、冊子「Polarisの7年のあゆみとこれから」として、創業からの価値創造のプロセスと組織開発のあゆみをまとめ、フォロワーシップ経営という、Polarisの経営スタイルや組織文化が構築されてきたと感じています。

とはいえ、それぞれの現場・立場からの多様な視点こそが、フォロワーシップ経営には欠かせない反面、「意見の相違」が「分断」や「対立」「疎外」を感じさせてしまう、そんな場面が起きてしまうこともありました。

“心地よく暮らしはたらく”がテーマであり、Polarisという組織に関わることが、メンバーの「幸せ」につながるものであってほしい、わたしたちの組織運営のなかでとても大事な想いです。

そして、組織における「幸せ・幸福感」には一見ネガティブに見える“ダーク”な側面が作用しているのでは?ということが、Polarisという組織の次の10年をつくる上で大切なキーワードになると考え、セッションのメインテーマとしました。

  • 多種・多様な個人の幸せと組織の成長やイノベーションはつながるのか?
  • ”ダーク”がなぜ組織の推進力となるのか?そもそもダーク・ハピネスとは何か?
  • 多様性と包摂がキーワードとなる現代社会、どうこれを実現していく?

今年は、ソーシャルイノベーションなどを研究するNPO法人ミラツク研究員の鎮目彩子さんをゲストにお迎えします。

調査を通し、社会の中に立ち現れようとしている兆しを可視化・分析している経験を持つ鎮目さんとともに、組織や社会における”ダーク”や”真実”、真実を阻害する要因は何か、次の社会はどうあればいいのか、ということを深めていきたいと思います。
多くのみなさんの参加をお待ちしております!


開催概要

日時:8/20(火)19:00〜21:30 (22:30まで懇親会)

会場:CAFE & HALL ours
東京都品川区北品川5-7-2 北品川地域交流施設
JR大崎駅 徒歩2分

お申し込み先:Peatixよりお申込みください。

プログラム:
19:00~19:15 オープニング / Polarisより8年のあゆみ
19:15~19:25 イントロダクション
『組織論としてのダーク・ハピネス』(Polarisより)
19:25~19:40 『組織や社会における”ダーク”とは』
NPO法人ミラツク研究員鎮目彩子
19:40~20:20 クロストーク
20:20~20:30 Break
20:30~21:00 グループトーク&フィードバック
21:00~21:25 アンサーセッション
21:25~21:30 クロージング
21:30~22:30 懇親会

参加費:現地参加(無料)/ オンライン参加(無料)/ 懇親会参加費 1,000円(現地支払い)

※トークセッション後、〜22:30まで懇親会を予定しております。
※オンライン参加の方は追って視聴方法をご案内します。
※チケットお申し込み時にご記入いただく情報は、本イベントへの参加者の確認・受付、及びこれらに準ずる業務のみで使用いたします。

登壇者

大槻昌美|非営利型株式会社Polaris 代表取締役

1976生まれ。茨城県潮来市出身。大学卒業後、一般企業にて営業事務を6年経験し、出産を機に退職。子育てに専念する。2005年に利用者として通っていた子育てひろばで市川と出会ったことをきっかけに、地域で活動をする人たちの多様な「はたらく」に出会い、第2子出産後、娘ふたりと共に子連れでボランティアを始める。産後の家事援助「マザリングベル」(子育て支援グループamigo)の産褥シッターやNPO法人せたがや子育てネットの理事、保育スタッフ、子育てひろばのスタッフなども経験。きっかけと役割、仲間がいることで引き出される力の凄さを実感。その人らしさが発揮できるチームビルディングを行う。2016年、より変化に強い組織づくりを目指し戦略的意思決定主体を、代表を中心とする経営メンバーから参画する多様なメンバーへと拡張する「フォロワーシップ経営」を行うために代表取締役就任。また、プライベートでは、娘の小学校で2年間PTA会長として活動。Polarisのエッセンスを取り入れながら、PTAの組織改革に取り組んだ。

 

市川望美|非営利型株式会社Polaris ファウンダー・取締役

1972年生まれ、東京都江戸川区出身、世田谷区在住。青山学院女子短期大学卒業後、IT系企業へ入社。2002年長男出産後、育児休業を取得したのち退職。2003年に長女を出産し、年子2人の育児をしながら“当事者発信型・循環型”の子育て支援に従事。NPO法人せたがや子育てネット理事、アミーゴプリュス合同会社代表社員などを経験。2011年内閣府地域社会雇用創造事業ビジネスプランコンペで起業支援案件として採択され、地域における多様な働き方を支える基盤づくり事業を開始。2011年8月「ここちよく暮らし、はたらくための拠点」として”cococi” Coworking Space立ち上げ、2012年非営利型株式会社Polaris設立。2016年からは日々の実践と学びを統合するために立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科に進み、2018年3月修了。修士論文は「半分幸せの考察―選択における個人と社会の関係性」。日本ファンドレイジング協会准認定ファンドレイザー、社会デザイン学修士。

 

鎮目彩子|NPO法人ミラツク研究員(非常勤)

インフォコム株式会社 地域包括ケア推進部新規事業開発チーム

外資系IT企業での営業、ベンチャー企業での事業開発などを経て、2016年よりNPO法人ミラツクに参画、インタビュー、フィールドワークなどエスノグラフィーのリサーチ手法を用い、イノベーションプラットフォーム構築のための調査、分析、コンセプト設計に取り組む。自身の出産をきっかけに、母の力を社会で活かすためのリサーチプロジェクト「ハハリョクlab」を立ち上げる。「多様性が活きる社会」をライフテーマに持ち、人がそれぞれの力をいかすために必要なコミュニケーションとメンタリティを研究、研究を活かした事業開発に挑戦中。「人となりを知ることから始まる出会いの場 hitotonary」主宰。

 

参加特典

Polaris8周年記念冊子
「多様な幸福の形の共存が見え、違いが推進力となる組織」

Polaris的「幸福な組織」を考えるというテーマで、
Polarisの組織運営に関わるメンバーで行った、
AI(※)を使った組織開発ワークショップのまとめを
ご参加後PDFでお渡しする予定です。

(※)「AI」とは、アプリシエイティブ・インクワイアリー(Appreciative Inquiry)の略。
Appreciativeは「真価がわかる」「価値を認める」、
Inquiryは「探求」「質問」などの意味。

ポジティブな問題解決・組織開発手法です。

主催:非営利型株式会社Polaris

前回「描いた未来をどう創ろう」開催時の様子

昼の部

夜の部

著者:wp_admin

【開催レポート】2018年 創業記念イベント 

「Polarisを知って、Polarisという場を借りて、皆さんに楽しい未来を作ってもらいたい」。そんな思いから始まった創業記念イベント。7年目の今回は、どんな「未来」が展開されたのでしょうか? 「描いた未来を、どう創ろう」をテーマに、昼の部と夜の部の2部構成で行われたPolarisの「創業記念イベント」をレポートします。

―昼の部―「変化の時代における安心のかたち 個人と組織の関係性」

Polarisでは、多様で柔軟な働き方を実現するために、仕事軸のコミュニティという組織の文化と、それを支える仕組みつくりに力を入れてきました。現在では300人を超える“普通”の人たちが、Polarisという組織を通して、新しい働き方を実践しています。この7年を経て、所属する人たちの変化を紐解いて見えてきたことは、「安心」の捉え方が変わってきていること。組織の仕組みとともに、1人1人の組織というものに対する捉え方が変わってきたことを感じます。

Polaris7周年イベント昼の部では、Polarisの7年のあゆみと個人の変化、「変化の時代における“安心”や“信頼”」、そしてそこから生まれる、「はたらくことの捉え方の変化」について参加者の皆さんと考える時間になりました。

―夜の部―「ビジネスにおける、対等ってなんですか?〜多様性の時代における愛と憎しみ~」

この7年の間に、試行錯誤を繰り返しながらも、多様なパートナーと新しい価値創造の機会を得ることができ、事業のフェーズが変化してきました。さらに拡げていく段階で、受発注という既存の枠組みでの関係を超えた、対等なパートナーシップが必要なのではと感じています。

結婚のカタチが変わってきつつあるように、ビジネスにおけるパートナーシップも、今一度、新しいストーリーを考えていく時なのではないか…ともに生み出した事業(子ども)をどんな関係性で、どう育てていくか…。

法政大学大学院政策創造研究科 教授 の 石山恒貴さん、 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 特任教授の梅本龍夫さんのお二人をゲストに迎え、参加される皆さんと 語り合う時間となりました。

活発な議論が交わされたトークセッション

昼の部では、「変化の時代における安心のかたち」と題して、Polarisの大槻と市川によるトークセッションが展開。トークセッション後には、参加者の皆さんからの質問も交えながら、さらに白熱した議論を重ねていきました。

夜の部では、Polaris大槻と市川に加え、ゲストスピーカーである梅本龍夫さん、石山恒貴さんとともに「ビジネスにおける『対等』とは?」について、それぞれのお考えを披露していただきました。その後、参加者の中でいくつかのグループに分かれて、それぞれの思う「ビジネスにおける『対等』とは?」についてのグループトークを実施。会場のあちこちから活発な議論を交わす様子が窺えました。

イベントにご参加いただいた方からは、次のような感想が寄せられました。

  • 変化し進化し続けるPolarisを感じられて刺激的でした。
  • いい感じにもやもやをたくさんいただきました。持ち帰って考え行動し続けます。
  • 昼と夜、角度の違う気付きが多く楽しい時間をありがとうございました。
  • 様々な考え方を持つ方々と交流する機会を持つことができて有意義でした。
  • オンライン会議が初めて体験できておもしろかった。子育て中のママにぴったりの仕組みだと思った。夜の部のゲストの話も興味深かった。
  • 予備知識なし来たのですが、非常に興味深いお話を聞けて刺激的でした。

今回の創業記念イベントでは、Polarisに関わるすべての人への感謝を伝えるとともに、Polarisがどのように個人と組織の「対等」なパートナーシップを創り上げていっているかを、皆さんに見ていただく機会となりました。毎年8月20日に開催予定です。是非チェックしてみてくださいね。

著者:Polaris staff

【Polaris7周年イベント】描いた未来を、どう創ろう

Polarisの毎年恒例周年イベントを今年も開催!

7周年を迎える今年のテーマは「描いた未来を、どう創ろう」

昼の部と夜の部の2部構成で行います。


今年も8/20で7周年を迎えるPolaris。

“VUCAの時代“(Volatility:変動性、Uncertainty:不確実性、Complexity:複雑性、Ambiguity:曖昧性)、予測不可能で変化が前提とされる現代社会、今までの仕組みと価値観のなかでの、働きにくさ、暮らしにくさを当事者として感じながら、その小さな違和感を種に、事業化をすすめてきました。

誰もがその人らしく暮らし、はたらくことができる社会を目指し、ワークスタイルの変革とワークシフトを軸に、組織つくり、仕組みつくり、新しい価値創造を、仲間と、多様なステークホルダーとチャレンジしてきました。

7年を経て、いよいよ描いた未来へ進む事業が見えてきていることを感じるとともに、もう一歩超えるべき壁の存在を感じていることも確かです。

多様な人と手を取り合い、目指す未来をどう描き、創っていくか…

これからの時代の“信頼”と“パートナーシップ”の形を模索していく8年目であり、そんなテーマを今回みなさまと一緒に対話していきたいと思います。

昼の部 「変化の時代における安心のかたち 個人と組織の関係性」

Polarisでは、多様で柔軟な働き方を実現するために、仕事軸のコミュニティという組織の文化と、それを支える仕組みつくりに力を入れてきました。現在では300人を超える“普通”の人たちが、Polarisという組織を通して、新しい働き方を実践しています。この7年を経て、所属する人たちの変化を紐解いて見えてきたことは、「安心」の捉え方に変わってきていること。組織の仕組みとともに、1人1人の組織というものに対する捉え方が変わってきたことを感じます。Polaris7周年イベント昼の部では、そんなPolarisの7年のあゆみと個人の変化、そして「変化の時代における“安心”や“信頼”」、そんな安心や信頼からうまれる、「はたらくことの捉え方の変化」について考えます。

【登壇者】(予定)

大槻昌美(非営利型株式会社Polaris 代表取締役)

市川望美(非営利型株式会社Polaris ファウンダー・取締役)

and more… coming soon!

【進行】

山本弥和(非営利型株式会社Polaris)

開催概要

日時:8月20日(月)13:00開場/13:30スタート 15:30終了予定

場所:LARGO 東京都調布市仙川町1-25-2  仙川アヴェニュー北プラザ 1F

参加費:無料

※ オンライン参加も可能です。

(昼の部)お申し込み先・詳細情報

夜の部 「ビジネスにおける、対等ってなんですか? 〜多様性の時代における愛と憎しみ~」

この7年の間に、試行錯誤を繰り返しながらも、多様なパートナーと新しい価値創造の機会を得ることができ、Polarisとしても事業のフェーズが変化してきたことを感じています。更に拡げていく段階で、受発注という既存の枠組みでの関係を超えた、対等なパートナーシップが必要なのではと感じています。

結婚のカタチが変わってきつつあるように、ビジネスにおけるパートナーシップも、今一度、新しいストーリーを考えていく時なのではないか…ともに生み出した事業(子ども)をどんな関係性で、どう育てていくか…夜の部では、そんなテーマを参加されるみなさんと、フランクに語り合っていきたいと考えています。

【登壇者】

石山恒貴 (法政大学大学院政策創造研究科 教授 、法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科 兼担教授)

梅本龍夫(立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 特任教授、経営コンサルタント)

大槻昌美(非営利型株式会社Polaris 代表取締役)

市川望美(非営利型株式会社Polaris ファウンダー・取締役)

【進行】

山本弥和(非営利型株式会社Polaris)

開催概要

日時:8月20日(月)19:00~21:30

場所:+OURS新宿

住所:東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル49階

参加費:無料

※ オンライン参加も可能です。

※ 軽食は準備いたしますが、それぞれご自身でお飲み物等はお持ちください。(差し入れなどは、大歓迎です)

(夜の部)お申し込み先・詳細情報

Peatixより事前購入

「チケットを申し込む」から、お申し込みください。

※ オンライン参加も可能です。ご希望の方は、「オンライン参加(無料)」のチケットをご購入ください。オンライン参加方法の詳細は、後日ご案内いたします。

※ 尚、チケットお申込み時にご記入いただく情報は、本イベントへの参加者の確認・受付、及びこれらに準ずる業務のみで使用いたします。

著者:wp_admin

【起業家から聞くシゴトのあれこれ】I→We 関係性から始まるビジネス

毎年恒例周年イベントを今年は2017年1月にできた東京都の施設「Startup Hub Tokyo(スタートアップハブトウキョウ)」で行います。
ここは起業・創業支援の場所ということで”仕事を創る・起こす”といった視点でトークイベントを行います。


「どうやって稼いでるの?」初めてお会いした方からよく知っている方までこの質問を投げかけられることがあります。
私たちにとっては自然な形で組み立てられてきたシゴトの方法。
関係性をつくりながらシゴトをきっかけに、より関係性を深くする。
お金だけの関係では共有できない思いや感覚、
事業の未来をお互い理解しながらシゴトを創ることをしてきました。

今回のゲストはまさにその関係性から事業やコトを共に起こしてきた方たち。
ただ利益を上げるためだけならこんな時間のかかるやり方は非効率だと思われがちですが、時間をかけた関係性だからこそ業務以上のコトができると感じています。

こんなことを掘り下げていきたいと思います。
・新規事業のつくり方
・プロジェクトの立ち上げ方
・地域商社という社会貢献も視野に入れた新しいビジネス
・仲間をつくり、シゴトを作る

インプットトークではPolarisの実際の稼ぎの部分もお伝えしつつテーマについて掘り下げていきます。
夕方は懇親会もセッティングしましたので夏の暑い中となりますがぜひ丸の内まで足を運んでください。

登壇者

奥澤菜採(株式会社ツクルバ
小澤尚弘(株式会社MNH 取締役社長)
横石崇(&Co.Ltd 代表取締役/Tokyo Work Design Week 発起人・オーガナイザー)
大槻昌美(非営利型株式会社Polaris 代表取締役)
市川望美(非営利型株式会社Polaris ファウンダー・取締役)

進行
野澤恵美(非営利型株式会社Polaris 取締役)

タイムテーブル

13:00 開場
13:30〜 インスピレーショントーク(Polarisより)
14:30〜 休憩
14:40〜 ゲストトーク
15:10〜 トークセッション
16:30〜 クロージング
17:00〜 懇親会

概要

日時:8月20日(日)13:00開場/13:30スタート
場所:Startup Hub Tokyo(東京都千代田区丸の内2-1-1 明治安田生命ビル TOKYO創業ステーション1F)
参加費:一般 3,000円/学生 2,000円