【開催レポート】2018年 創業記念イベント 

著者:wp_admin

【開催レポート】2018年 創業記念イベント 

「Polarisを知って、Polarisという場を借りて、皆さんに楽しい未来を作ってもらいたい」。そんな思いから始まった創業記念イベント。7年目の今回は、どんな「未来」が展開されたのでしょうか? 「描いた未来を、どう創ろう」をテーマに、昼の部と夜の部の2部構成で行われたPolarisの「創業記念イベント」をレポートします。

―昼の部―「変化の時代における安心のかたち 個人と組織の関係性」

Polarisでは、多様で柔軟な働き方を実現するために、仕事軸のコミュニティという組織の文化と、それを支える仕組みつくりに力を入れてきました。現在では300人を超える“普通”の人たちが、Polarisという組織を通して、新しい働き方を実践しています。この7年を経て、所属する人たちの変化を紐解いて見えてきたことは、「安心」の捉え方が変わってきていること。組織の仕組みとともに、1人1人の組織というものに対する捉え方が変わってきたことを感じます。

Polaris7周年イベント昼の部では、Polarisの7年のあゆみと個人の変化、「変化の時代における“安心”や“信頼”」、そしてそこから生まれる、「はたらくことの捉え方の変化」について参加者の皆さんと考える時間になりました。

―夜の部―「ビジネスにおける、対等ってなんですか?〜多様性の時代における愛と憎しみ~」

この7年の間に、試行錯誤を繰り返しながらも、多様なパートナーと新しい価値創造の機会を得ることができ、事業のフェーズが変化してきました。さらに拡げていく段階で、受発注という既存の枠組みでの関係を超えた、対等なパートナーシップが必要なのではと感じています。

結婚のカタチが変わってきつつあるように、ビジネスにおけるパートナーシップも、今一度、新しいストーリーを考えていく時なのではないか…ともに生み出した事業(子ども)をどんな関係性で、どう育てていくか…。

法政大学大学院政策創造研究科 教授 の 石山恒貴さん、 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科 特任教授の梅本龍夫さんのお二人をゲストに迎え、参加される皆さんと 語り合う時間となりました。

活発な議論が交わされたトークセッション

昼の部では、「変化の時代における安心のかたち」と題して、Polarisの大槻と市川によるトークセッションが展開。トークセッション後には、参加者の皆さんからの質問も交えながら、さらに白熱した議論を重ねていきました。

夜の部では、Polaris大槻と市川に加え、ゲストスピーカーである梅本龍夫さん、石山恒貴さんとともに「ビジネスにおける『対等』とは?」について、それぞれのお考えを披露していただきました。その後、参加者の中でいくつかのグループに分かれて、それぞれの思う「ビジネスにおける『対等』とは?」についてのグループトークを実施。会場のあちこちから活発な議論を交わす様子が窺えました。

イベントにご参加いただいた方からは、次のような感想が寄せられました。

  • 変化し進化し続けるPolarisを感じられて刺激的でした。
  • いい感じにもやもやをたくさんいただきました。持ち帰って考え行動し続けます。
  • 昼と夜、角度の違う気付きが多く楽しい時間をありがとうございました。
  • 様々な考え方を持つ方々と交流する機会を持つことができて有意義でした。
  • オンライン会議が初めて体験できておもしろかった。子育て中のママにぴったりの仕組みだと思った。夜の部のゲストの話も興味深かった。
  • 予備知識なし来たのですが、非常に興味深いお話を聞けて刺激的でした。

今回の創業記念イベントでは、Polarisに関わるすべての人への感謝を伝えるとともに、Polarisがどのように個人と組織の「対等」なパートナーシップを創り上げていっているかを、皆さんに見ていただく機会となりました。毎年8月20日に開催予定です。是非チェックしてみてくださいね。