カテゴリーアーカイブ WORK

著者:スタッフポラリス

Polaris事業運営メンバー募集

2020年、世界的な新型コロナウイルス蔓延によりこれまで想像もしなかったような暮らし方、はたらき方の日常が訪れました。その2020年8月に私たちPolarisは創業10年目を迎え、これまで担ってきた「地域にいるいわゆる専業主婦と言われる女性の働きにくさ」という社会的課題に対しての取り組みを変えていくタイミングだと決意しました。
創業から10年経とうとしている今、社会やテクノロジーは大きく変わり、結婚や出産、育児があっても復帰できる会社が増えました。止むを得ず仕事の場から離れざるを得なかった時代から、迷わず復帰できる社会に変わってきているというのは望ましい変化であり、私たちの役割も変化しながら見えてきた新たな課題へ取り組みをスタートしなければならないと感じています。
2021年、Polarisは大きく変化していきます。
その一歩として事業運営を担う新しい仲間を募集します。複数の軸足を持ちながらPolarisでも活躍してくれるような方に来ていただけたら嬉しいです。

募集メンバー

応募要件

説明会への参加(2/5)。
その後応募フォームより応募(締め切り2/12)。
各事業によりその後の流れが違うので説明会で案内します。

説明会日程

2021年2月5日金曜日
10時から12時(オンライン)

各募集について

MID POINTラウンジ運営業務(ディレクター候補):3名

説明会ご参加の前に下記リンク先をご覧ください。
MID POINT公式サイト
コミュニティマネージャーについて

複数人のコミュニティマネージャー(以下、CM)のチームビルディングとCM業務が円滑に進むためのバックアップが主な業務です。現在物件は4拠点ですが、今後拠点数が増えていくことが見込まれているためディレクターを視野に入れたアシスタントディレクターとしてジョインしてもらいたいと考えています。
Polarisはどんな業務も役割もチームで連携して動かしていくので人とコミュニケーションをとりながら時にはややこしいこと越えながら業務実施する必要があります。誰かと共に作りあげる経験をしてみたい、今までと違う仕事の仕方を経験してみたい、そんな人に来て欲しいです。
※くらしのくうきディレクター候補と兼務も可能。

【こんな人は向いていません】
  • 裏方が嫌いだ
  • パソコンがストレス
  • スマホをちょこちょこ見るのは嫌だ
  • 誰かに決めてもらいたいと思う
  • 責任は極力負いたくない
  • 気分の浮き沈みがありコントロールが難しい
  • コミュニケーションが苦手だ
  • 傷つきやすい
  • 仕事ははっきりお尻が決まっているものをやりたい
  • 最短距離で成果を出したい
【こんな人が向いています】
  • 人の変化に興味がある
  • コミュニティに興味がある
  • どんな仕事でも面白がれる
  • 人そのものに興味がある
  • より良くするための仕組みに興味がある
  • 現場に行くのが好き

採用の流れ

説明会参加→フォームより応募→研修参加(オンライン)→実地研修(3ヶ月)→現場サポート(AD業務トライアル6ヶ月)→2022年〜本採用
※習熟度によりトライアル期間は変わります。
※業務委託契約となります。

報酬

本採用:3万円/1物件
トライアル期間までの報酬は説明会でお知らせします。


くらしのくうき事業(ディレクター候補):3名

説明会ご参加の前に下記リンク先をご覧ください。
くらしのくうきについて
地域コンシェルジュについて

主に新築分譲マンションの販売フェーズに応じて、地域で暮らす子育て中の女性たちとともに地域情報を提供する「くらしのくうき」サービスにおいて、ディベロッパーに対しての企画営業からプロジェクト進行を担えることを目標として参画できる方を募集しています。当初は、営業同行、地域女性への研修サポート、各種報告書作成などを行いながら、くらしのくうきの価値を感じていただきたいと思っています。
サービス自体は定型化されている部分も多いですが、エリアごとの地域特性、参画する地域メンバーの特性、担当クライアント様の要望等、それぞれの案件で起こるイレギュラーも楽しみながら業務にあたってもらえると嬉しいです。また、ステークホルダーが多岐にわたり、そこでの関係性の構築が重要となるので、変に遜ったりマウンティングしたりせず、フラットな関係性が作れる人が向いている業務だと思います。
基本的には、プロジェクト発生ごとの業務で、年間を通した業務ではないです。
※MID POINTディレクター候補と兼務も可能。

【こんな人は向いていません】
  • 裏方が嫌いだ
  • パソコンがストレス
  • スマホをちょこちょこ見るのは嫌だ
  • 誰かに決めてもらいたいと思う
  • 責任は極力負いたくない
  • 気分の浮き沈みがありコントロールが難しい
  • コミュニケーションが苦手だ
  • 傷つきやすい
  • イレギュラーな対応がものすごくストレス
  • 担当者によって対応が違うことに我慢できない
  • 移動が苦痛
  • 人前で話すことが嫌
  • 物事を計画的に進めることが苦手
  • 人と交渉することはしたくない
【こんな人が向いています】
  • 自分の住んでいる地域以外の暮らしに興味を持てる
  • チームワークを大切にできる
  • 知らない土地に行くことを楽しめる
  • 責任を持って業務を進行したい
  • 人前で話すことが苦手でない
  • 物事を計画的に進めることができる
  • クライアントへ営業したり、交渉したりすることができる
  • 企画提案をしてみたい

採用の流れ

説明会→作文(絞り込み)→研修参加/実地研修(1物件)/AD業務トライアル(1物件)/AD本採用(成熟度による)
※習熟度によりトライアル期間は変わります。
※業務委託契約となります。

報酬

本採用:150,000円程度/1案件立ち上げ時(立ち上げ期間:おおよそ3-4ヶ月のプロジェクト費用として)
トライアル期間までの報酬は説明会でお知らせします。


くらしのくうき事業(エリアリーダー候補):2名

説明会ご参加の前に下記リンク先をご覧ください。
くらしのくうきについて
地域コンシェルジュについて

主に新築分譲マンションの販売フェーズに応じて、地域で暮らす子育て中の女性たちとともに地域情報を提供する「くらしのくうき」サービスにおいて、現地やオンラインで地域女性をサポートする役割です。現在は、地域コンシェルジュを経験した方が担っており、地域コンシェルジュ経験者からの応募も歓迎です!各エリアでさまざまな女性たちが地域コンシェルジュとして活躍している中で、それぞれの良さを引き出しながらチームとしてより良い情報提供を行うために重要な役割です。日常の暮らしも大切にしていて、引っ越しを検討しているファミリーの不安な気持ちに気づける素地のある方に参画してもらいたいです。
こちらも、基本的には、プロジェクト発生ごとの業務で、年間を通した業務ではないです。

【こんな人は向いていません】
  • 裏方が嫌いだ
  • パソコンがストレス
  • スマホをちょこちょこ見るのは嫌だ
  • 気分の浮き沈みがありコントロールが難しい
  • コミュニケーションが苦手だ
  • 傷つきやすい
  • 仕事ははっきりお尻が決まっているものをやりたい
  • 移動が苦痛
  • イレギュラーなことが苦手
  • 人に対して共感することが少ない
【こんな人が向いています】
  • 自分の住んでいる地域に愛着を持っている
  • 自分の住んでいる地域以外の暮らしに興味を持てる
  • 初対面の人とも比較的仲良くなれる
  • コミュニケーションは得意な方で、相手の話をうまく引き出すことができる
  • チームワークを大切にできる
  • 知らない土地に行くことを楽しめる
  • イラストを描いたり、手書きのPOPを作ったりするのが楽しい(MUSTではない)
  • 共感力が高い

採用の流れ

説明会→作文(絞り込み)→研修参加/実地研修(1物件)/AL業務トライアル(1物件)/AL本採用(成熟度による)
※習熟度によりトライアル期間は変わります。
※業務委託契約となります。

報酬

本採用:50,000〜100,000円/1案件立ち上げ時(立ち上げ期間:おおよそ3-4ヶ月のプロジェクト費用として)
トライアル期間までの報酬は説明会でお知らせします。

説明会参加方法

参加方法

応募先メールに下記内容を記載してお送りください。
応募先:locowork-info@polaris-npc.com
件名:Polaris事業運営メンバー募集

メール本文
・お名前:
・住所(例:東京都調布市):
・連絡先メール:
・希望職種:
・何で知ったか:

著者:スタッフポラリス

「くらしのくうき地域情報相談会」が千葉県南船橋エリアでスタート!

「くらしのくうき」は、子育て世代が知りたい、引越しにまつわる地域情報を伝える情報提供サービスです。
購入検討中のマンションエリアの教育施設や病院施設、交通アクセス、生活の利便性、地域コミュニティの関わりや文化などありとあらゆる「暮らしの情報」を地域コンシェルジュがお伝えします。

今回新たに、「くらしのくうき地域情報相談会」が2020年10月より三井不動産レジデンシャル「ParkHOMES LaLa南船橋船橋ステーションプレミア」にてスタートいたしました。

三井不動産レジデンシャル株式会社様の千葉エリアでは、ご好評をいただき、今回5件目の相談会実施となります。

地域情報を伝えるのは、そのまちに暮らす女性たち(=ミセスコンシェルジュ)。目に見える情報と見えない情報=ある種の「まちの空気感」を、これから南船橋に住まう方々へお届けします。


◆コンシェルジュにご興味ある方は、こちらの記事もご覧ください。
Polarisのはたらき方vol.5 地域コンシェルジュという仕事

くらしのくうき地域情報相談会に関するお問合せはこちら

著者:スタッフポラリス

【くらしのくうき】「聖蹟桜ケ丘地域コンシェルジュ」募集

聖蹟桜ヶ丘エリアにて、地域のくらしを伝える「地域コンシェルジュ」を募集しています。

「地域コンシェルジュ」とは
新築分譲マンションの購入を検討されているお客様へ、物件モデルルーム内で、自分たちの暮らし方や、地域の情報をお伝えするお仕事です。

普段みなさんが何気なく“暮らしていること”や“地域での子育て経験”が、実はマンションの購入を検討されているお客様にとって、とても大切な「価値」になります。
※マンション販売のお仕事ではありません。

聖蹟桜ケ丘で販売を予定している新築分譲マンションでは、「くらしのくうき相談会」サービスの導入が決定しており、「地域コンシェルジュ」をやっていただける方を募集しています。

また、本物件ではシニア世代の方にも地域情報を紹介したいことから、子育てを「卒業」した世代の方(お子さんが高校生、大学生や社会人の方なども)で、現在の暮らしを楽しまれている方も、子育て世代の方と合わせて募集します。

募集要項

対象:

  1. 聖蹟桜ケ丘駅周辺にお住まいの子育て中の女性
    特に多摩第一小学校にお子さんが通われている方、歓迎です!
  2. 聖蹟桜ケ丘駅周辺にお住まいの子育てを卒業した女性
    スマートフォンアプリの使用に抵抗のない方でお願いします。

勤務曜日・時間:週末のお仕事になります。月2回、3時間~(シフト制)
報酬:1時間あたり1200円以上(交通費込み)

研修~業務開始までのスケジュール

※研修中も報酬をお支払いさせていただきます。
※研修スケジュールは状況に応じて変更になる場合があります。

聖蹟桜ヶ丘地域情報座談会

参加のみなさんから聖蹟桜ケ丘エリアの普段のくらしについて伺います。地域コンシェルジュのお仕事についての説明もおこないますので、お仕事をするか迷っている方も参加O Kです。

11月下旬~12月初旬 平日もしくは週末の午前中2時間
場所:聖蹟桜ヶ丘エリア会場
謝礼:5000円 (交通費込み)
託児:ご相談ください。

第1回研修ワークショップ

12月初旬 平日2時間
場所:聖蹟桜ヶ丘エリア会場(モデルルームにて実施します)
報酬:3000円(交通費込み)
託児:ご相談ください。

資料作成研修ワークショップ

12月中旬~1月中旬 平日2.5時間
場所:聖蹟桜ヶ丘エリア会場(モデルルームにて実施します)
報酬:3000円(交通費込み)
託児:無し

第2回研修ワークショップ

1月中旬 平日2時間
場所:聖蹟桜ヶ丘エリア会場(モデルルームにて実施します)
報酬:3000円 (交通費込み)
託児:ご相談ください

ロールプレイ研修

1月下旬 平日2時間
場所:聖蹟桜ヶ丘エリア会場(モデルルームにて実施します)
報酬:3000円 (交通費込み)
託児:ご相談ください

業務開始

2月初旬より (週末のお仕事になります)

「地域コンシェルジュ」のお仕事にご興味がありましたら、一度地域情報座談会にご参加いただき、お仕事をするかどうか判断していただければと思います。

応募方法

地域情報座談会への参加を希望される方は、ロコワーク事務局宛にメールにてご応募ください。

メール:locowork-info@polaris-npc.com

件名:【くらしのくうき聖蹟桜ヶ丘】コンシェルジュ募集

応募〆切:2020年11月6日(金)まで

ご不明な点などございましたら、遠慮なくお問い合わせください。

「くらしのくうき相談会」 とは?

参考資料

東洋経済オンライン掲載記事
主婦の「普通の情報」に大きな価値があったマンション販売で地域のリアル情報を提供 

マンションラボ掲載記事
地域住人の「生きた街情報」を伝える取り組みがマンションの資産価値を上げる?

企画運営:非営利型株式会社Polaris

著者:スタッフポラリス

コワーキングスペース「co-ba CHOFU」が心地よいサードプレイスである理由

Polarisでは、会員制コワーキングスペース「co-ba CHOFU(コーバ チョウフ)」を運営し、その中でのコミュニティを育んでいます。このコミュニティに参加する人々は、家でも会社でもないサードプレイス(第三の場所)として、その場に価値を感じてくださっているようです。

今回は、実際に「co-ba CHOFU」の会員さんへ、その心地よさの理由を伺いました。

【取材に対応くださった方】

木谷宗義さん

職業:株式会社タイプイー(type-e Inc.)代表、WebメディアとSNSの編集者。「編集×マーケティング」で、メディアや企業ブログの企画/運用/コンテンツ制作、SNSの運用代行などを行っている。2018年7月よりco-ba CHOFU会員。


周りに人がいる気配を感じ、かえって集中できる

――仕事をする場に、co-ba CHOFUを選んだ理由を教えてください。

木谷さん:以前は、自宅と山手線沿線のコワーキングスペースを利用していたのですが、子どもが生まれるのを機に、自宅の外かつ近くで働けるよう、近隣のコワーキングを探しました。そのとき見つけたのが、co-ba CHOFUです。自宅から2駅なので、ドアtoドアで考えても30分以内で行くことができます。

以前は、カフェで仕事をすることも多かったのですが、カフェで長い時間仕事をしているのは心苦しいですし、何より荷物を置いて離席しにくいので、トイレに行くのが不便でしたね(笑)。ただ、カフェのように周囲に人の存在感がある方が、集中して仕事ができる方なんです。

オフィスを借りても、静かな空間で一人で仕事をすることになるので、あまり気が進みませんでした。こうした会員制コワーキングスペースのように、人の気配を感じられる場で仕事ができるのは、自分に合っていると思います。

仕事に集中する環境をつくるためのコワーキングスペース

――co-ba CHOFUでの過ごし方をお聞かせください。

木谷さん:平日は、朝9時~10時に来て、18時にco-ba CHOFUを出る生活を基本にし、19時までには帰宅できるようにしています。都内で打合せがある場合は、現地に直行ということもありますが、最近はオンラインでの打合せが増えたので、co-ba CHOFUでイヤホンを付けて対応することが多くなりました。

昼になると近くのスーパーで購入して食べることが多く、時には同じコワーキング会員さんと外に食べに行くこともあります。午後はリフレッシュに昼寝をしたり、近くの書店を見て回ったりすることも。仕事の緊張感を保ちながら、ブレイクタイムを自分でコントロールして過ごせるのが、サードプレイス的な使い方につながっているかもしれません。

オンラインで打合せを行う木谷さん

――co-ba CHOFUを利用して、よかったことはどんな点でしょうか?

木谷さん:まず、コワーキングスペースなので、仕事をするための設備・機器が整っていて、仕事をする人たちが集まっています。自分が集中して仕事をするためには、環境づくりは大切だと思います。

コロナ禍で急に在宅勤務に切り替わり、慌てて机や椅子を買ったりした人が多いようで、中には、自宅のリビングで仕事をする人もいるそうですが、自分の場合は、気持ちを切り替えるために場所を移すことが大事だと感じています。「着替えて自宅の外に出る」という行為から、仕事が始まるように思います。

次によかったのは、コストを程よく抑えられる点でしょうか。co-ba CHOFUのコワーキングスペースの利用料は1万円弱(2020年10月現在)。毎日300円のコーヒーを飲みながら外で仕事をすることを考えると安いですし、いつでも使えるのは大きなメリットです。

在宅勤務になったことで、引っ越しを考える人もいるようですが、家賃1万円増やして一部屋増やすよりは、自宅の外に出て、気持ちを切り替えて仕事をしたいと思う方なんです。

また、co-ba CHOFUを利用している時間、集まるメンバーがだいたい一緒なので、しだいに顔なじみになります。必ず1日1回は挨拶を交わしますし、雑談もできます。何かしらのコミュニケーションが取れるところが、カフェで仕事をすることと大きく違います。会社員なら社内にいる人と何かしらのビジネス上の利害関係があると思いますが、コワーキングスペースは、ビジネスに関係がないので、気軽に話せます。同じくらいの年齢の方が多いため、共感できることが多く話もはずみます。いい距離感の仲間が、同じ空間に一緒にいて、心地よいですね。

ワークスペースとして、心地よさを実感している木谷さん

co-ba CHOFUを調和させる「コミュニティマネージャー」の存在

コミュニティマネージャーを介して、新しいつながりが生まれることも。

――Polarisが運営するco-ba CHOFUの特徴は、コミュニティマネージャーがいることです。コミュニティ―マネージャーがいる価値とは、木谷さんにとっていかがですか?

木谷さん:コミュニティマネージャーがいることで、会員同士の交流が増えています。
コミュニティマネージャーと話していると、自然な流れでほかの会員さんを巻き込んでくれるので、初対面の人ともコミュニケーションが取りやすくなります。仕事に集中したいからco-ba CHOFUに来ていると思うと、個人的にはなかなか話しかけにくいのですが、コミュニティマネージャーがいることで場の活気があふれ、和やかなムードになります。

以前は、コミュニティマネージャー主催のランチ会や、お酒を交えた夕方以降の交流会が月に1度ありましたが、現在はオンライン交流会が開催されています。このオンライン交流会が開催されることで、コロナ禍でもco-ba CHOFUの雰囲気が保てられていると思います。お陰で、コロナ前とかコロナ後とかあまり変わりないんです。

――co-ba CHOFUの会員さんで作られたFacebookグループもあるそうですね。

木谷さん:コミュニティマネージャーが主導で発信しているグループがあり、Facebookアカウントを持つ会員がグループに入っています。Facebookを通してプライベートな一面を知り、それがきっかけで交流が深まっています。みんな調布界隈に住んでいるため、調布の地域情報などを交換できるのが嬉しいですね。

コミュニティマネージャーが、よいきっかけ作りをしてくれているなと感じる部分です。たまに会員の中で「こういうお仕事ができる人を探しています」と発信することもあり、仕事につながることもあって面白いです。


仕事柄、パソコンさえあれば公園でも仕事ができ、歩きながらでも打合せができる。

どこでも仕事ができる時代だからこそ、自分が集中できる場所、心地よい場所で働きたいと言う木谷さん。今の形はベストだそうです。

co-ba CHOFUは、会員側とコミュニティマネージャーがサービス受け手と提供者という構図にはまらない、フラットな関係性を大事にしています。コミュニティマネージャーが不在時には、見学者の取り次ぎをすることも。

Polarisが運営するco-ba CHOFUは、第三の「場」が過ごしやすく、快適な場所として運営するだけでなく、コミュニケーションによって生み出される「くうき」も大切にしています。その「くうき」を心地よいと感じてくれる人と、これからも出会えることを楽しみにしています。


◆コミュニティマネージャーの仕事を知りたい方はこちらもご覧ください。
Polarisのはたらき方VOL.4 コミュニティマネージャーという仕事
https://polaris-npc.com/2020/04/24/4484/ 

◆Polarisが運営するコミュニティについてはこちらもご覧ください。
https://polaris-npc.com/service/community/ 
著者:スタッフポラリス

!!!追加募集!!! 【くらしのくうき】「西早稲田地域コンシェルジュ」追加募集します!

地域のくらしを伝える「地域コンシェルジュ」に、あなたもなってみませんか?

「地域コンシェルジュ」とは
新築分譲マンションの購入を検討されているお客様へ、物件モデルルーム内で、自分たちの暮らし方や、地域の情報をお伝えするお仕事です。

普段みなさんが何気なく“暮らしていること”や“地域での子育て経験”が、実はマンションの購入を検討されているお客様にとって、とても大切な「価値」になります。
※マンション販売のお仕事ではありません。

現在「くらしのくうき相談会」サービスを実施している豊島区高田の新築分譲マンションでは、大変ご好評をいただき、この度「地域コンシェルジュ」をやっていただける方を追加募集することになりました。

募集要項

対象:豊島区高田、西早稲田周辺にお住まいの子育て中の女性
勤務曜日・時間:週末(主に日曜日)のお仕事になります。月2回、3時間~(シフト制)
報酬:1時間あたり1200円以上(交通費込み)
募集人数:2名(お友達同士でのお申込みも歓迎です)

業務説明会及び研修~業務開始までのスケジュール

※研修中も報酬をお支払いさせていただきます。
※研修スケジュールは状況に応じて変更になる場合があります。

業務説明会

10月初旬 平日1時間
場所:オンライン(Zoom)にて実施。ご自宅からご参加いただけます。(お子さんが在宅の場合は一緒にご参加いただいて大丈夫です。)
迷っている方もまずは説明会に参加いただき、お仕事をするかどうか判断していただければと思います。不安が解消できましたら研修へと進んでいただきます。

第1回研修ワークショップ

10月中旬 平日2時間
場所:豊島区高田エリア周辺会場もしくはオンライン(Zoom)にて実施。
オンラインの場合はご自宅からご参加いただけます。
報酬:3000円(交通費込み)

第2回研修ワークショップ(ロールプレイ研修)

10月下旬 平日2時間
場所:豊島区高田エリア周辺会場
報酬:3000円(交通費込み)
※説明会や研修の日程につきましては参加する方のご都合をお伺いして調整させていただきます。

業務開始

11月初旬より (週末、主に日曜日のお仕事になります)

応募方法

業務説明会への参加を希望される方は、ロコワーク事務局宛にメールにてご応募ください。

メール:locowork-info@polaris-npc.com

件名:【くらしのくうき西早稲田】コンシェルジュ業務説明会

応募〆切:202010月9日(金)まで

ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

「くらしのくうき相談会」 とは?

参考資料

東洋経済オンライン掲載記事
主婦の「普通の情報」に大きな価値があったマンション販売で地域のリアル情報を提供 

マンションラボ掲載記事
地域住人の「生きた街情報」を伝える取り組みがマンションの資産価値を上げる?

企画運営:非営利型株式会社Polaris

著者:スタッフポラリス

「子連れでお出かけマップ」で地域情報を発信

Polarisが注力している地域人材の育成や、地域経済活性化のためのサービスの一つに、「子連れでお出かけマップ」があります。今回は、このマップを通して、Polarisのはたらき方をご紹介します。

「子連れでお出かけマップ」とは?

「子連れでお出かけマップ」は、主に不動産業界で活用いただいているサービスで、新築の分譲マンション・住宅の購入を検討される方へ、地域の子育てに関する情報提供をするための「マップ」を制作して提供しています。
縁あって新しい生活の候補地に上がった場所も、実際に住むまで、まちの住み心地はわからないものです。そこで、地域住民の子育て当事者の方に情報提供をいただき、「子連れでお出かけマップ」として、まちに関するリアルな情報を紹介。物件購入検討中の方の一助となっています。

まちの魅力をテーマごとに構成。子どもと楽しめるスポット、おむつ替えができる施設、親子で入りやすい飲食店など、おすすめできるスポットを掲載。

「子連れでお出かけマップ」の制作工程

Polarisは地域人材が活躍できる場を作っていくことに注力しており、「子連れでお出かけマップ」の制作を通して、地域の人が持つ日常生活の情報に価値を創出しています。

そのため、マップの制作主体は各地域の生活当事者の方々で、次の制作工程①~③までを対応します。

地域情報座談会の実施

地域の人には、まず「地域情報座談会*」へ参加いただき、生活圏内で子育てに役立つ情報を提供していただきます。座談会では、Polarisが参加者のみなさんと視点を共有しながらファシリテーションを務め、初めて参加する方でも話しやすい環境を設定。多様なアウトプットにつながっていきます。

編集会議→編集

編集会議では、座談会参加者のみなさんから出た情報を元に編集方針を決め、一緒に編集作業を進めていきます。地域の子育て中の方も参画することで、当事者性が高まり、まちでの暮らしを知りたいファミリー、プレファミリーの購入検討者層に寄り添ったコンテンツとなっていきます。

制作

必要な情報が集まったら、制作は、Polarisのデザイン制作チームが担当します。マップの仕様はA3クラフト紙のモノクロ両面印刷を、A6サイズに折り込んだもの。デザインも含めて、手作り感のあるラフな仕上がりで、手に取った人が地域への親近感を持てることを目指しています。また、デザイン制作はPolarisへ登録している秋田県在住のメンバーが担当するなど、遠隔でもスキルを活かして仕事に関わる機会につながっています。

Polarisの関わり方

地域と共に創る

Polarisでは、「子連れでお出かけマップ」ご依頼の際、各地域の生活当事者をリクルーティングし、地域情報座談会を実施します。座談会の参加者は、地域の子育て支援団体やPolaris独自の地縁での募集となります。こうしたリクルーティングには、地域の価値創出に貢献してきたPolarisならではの共創理念が活かされています。
また、「子連れでお出かけマップ」は、地域の生活当時者の視点で作成されたマップだからこそ、そうしたファミリー・プレファミリー層のニーズに応えることができています。

制約や不便さから価値を見つける

地域情報座談会は、これまで地域のカフェやレンタルスペース、不動産販売センターで実施してきました。現在は、不特定多数が集まる座談会形式は実施が困難になっているため、「オンライン地域情報座談会」を中心に実施し、集まれないからやらないではなく、集まれる工夫を施しています。
また、座談会では、Polarisスタッフのファシリテーションにより、街のいいところだけでなく、暮らしの中で感じている不便な点も併せて、普段の暮らしの様子をヒアリングし、依頼顧客へのレポーティングを行っています。

Polarisが目指す地域活性

生活者視点が地域活性化を促す

子育てファミリーが、生活拠点を検討する際に重要なポイントに、「子育てのしやすさ」を挙げる人は多いのではないでしょうか。行政の施策や保育園の入りやすさ、生活利便性など表面的な情報はもちろんのこと、かかりつけ医の評判やスーパー・商店街の使いやすさなど、そのまちでの子育てがリアルにイメージできるかどうかが、ファミリー世帯が住まいを決める後押しになります。
また、ファミリー世帯の引っ越し後の“孤独感”は、転居後の悩みとして挙げられる代表的なものです。そのエリアで、子どもと一緒に楽しめるスポットを知り、子育て中の人に出会える場所を知ることができれば、引っ越し後の子育てをポジティブにイメージできるものとなるでしょう。

そのために、地域で既に生活している人々の視点、そこから発信される情報が重要で、その情報こそが、地域活性化のタネになると考えています。

withコロナ時代に、心をつなぐオンライン

これまで、地域情報座談会は顔を合わせて地域のスペースで行ってきました。しかし、コロナウイルス感染拡大の影響で、対面交流を避けることを余儀なくされ、座談会をオンラインへ切り替えました。すると意外なことに、オンラインで開催した座談会では、人と会う機会が貴重だからこそ、日常生活を過ごしてきた地域への愛着が深まり、その想いを発信したいという意欲にあふれていたのです。
Polarisでは、地域で顕在化していない価値を創出することに注力しています。コロナ禍であっても…、コロナ禍だからこそ、手作りのぬくもりをもった「子連れでお出かけマップ」で、地域活性化に貢献していきます。


「子連れでお出かけマップ」にご興味のある方はこちらへお問い合わせください。


*地域情報座談会は、Polarisの「くらしのくうき」事業(生活者視点を価値に変える事業)の一環です。

著者:スタッフポラリス

noteはじめました。

Polarisを中心に動く人たちが、「未来におけるあたりまえのはたらきかた」を作るまでの想いを自由に綴ります。どうぞお立ち寄りください。

非営利型株式会社Polarisのnote
https://note.com/polaris_npc0820

著者:スタッフポラリス

【くらしのくうき】「南船橋地域コンシェルジュ」募集【募集終了】

南船橋エリアにて、地域のくらしを伝える「地域コンシェルジュ」を募集しています。

「地域コンシェルジュ」とは…

新築分譲マンションの購入を検討されているお客様へ、物件モデルルーム内で、自分たちの暮らし方や、地域の情報をお伝えするお仕事です。

普段みなさんが何気なく“暮らしていること”や“地域での子育て経験”が、実はマンションの購入を検討されているお客様にとって、とても大切な「価値」になります。
※マンション販売のお仕事ではありません。 南船橋で販売を予定している新築分譲マンションでは、「くらしのくうき相談会」サービスの導入が決定しており、「地域コンシェルジュ」をやっていただける方を募集しています 。

【募集終了】募集要項

対象:南船橋周辺にお住まいの子育て中の女性
勤務曜日・時間:週末のお仕事になります。月2回、3時間~(シフト制)
報酬:1時間あたり1200円以上(交通費込み)

業務説明会及び研修~業務開始までのスケジュール

※研修中も報酬をお支払いさせていただきます。
※研修スケジュールは状況に応じて変更になる場合があります。

業務説明会

日時:6月24日(水)、25日(木) 10:00〜11:30
*ご都合の良い日にご参加下さい(いずれの日程も同じ内容です)。
地域情報コンシェルジュのお仕事についての説明をしたのち、参加のみなさんから南船橋エリアの普段のくらしについて伺います。迷っている方の参加もO Kです。
場所:オンライン(Web会議システム「Zoom」)にて実施。ご自宅からご参加いただけます。
謝礼:3000円
(お子さんがいても一緒に参加いただいて大丈夫です)

研修ワークショップ(全3回)

9月初旬~下旬 平日2時間
場所:南船橋エリア会場(モデルルームにて実施します)
報酬:1回3000円
託児:ご相談ください

業務開始

9月下旬より (週末のお仕事になります)

「地域コンシェルジュ」のお仕事にご興味がありましたら、一度業務説明会にご参加いただき、お仕事をするかどうか判断していただければと思います。

応募方法

業務説明会への参加を希望される方は、ロコワーク事務局宛にメールにてご応募ください。

メール:locowork-info@polaris-npc.com
件名:【くらしのくうき南船橋】コンシェルジュ業務説明会
応募〆切:2020年6月12日(金)まで
ご不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。


くらしのくうき相談会」 とは?

参考資料

東洋経済オンライン掲載記事
主婦の「普通の情報」に大きな価値があったマンション販売で地域のリアル情報を提供 

マンションラボ掲載記事
地域住人の「生きた街情報」を伝える取り組みがマンションの資産価値を上げる? 

企画運営:非営利型株式会社Polaris

著者:スタッフポラリス

Withコロナにおける、子育て家庭のテイクアウトに関する意識調査・提案を実施

2020年5月、調布市は『調布っ子応援プロジェクト』(外部リンク)を発表しました。

これは、外出自粛生活を送る子どもたち、売り上げの減少に苦しむ飲食店を応援するため、調布市と調布青年会議所(JC)がタッグを組んで、子育て家庭へ商品券を配布するというものです。商品券は、市内飲食店のテイクアウトメニューの購入や市内書店で教材購入に充てることが可能です。

Polarisでも、新型コロナウイルス禍で通常営業ができない中、工夫をして営業努力をする地域の飲食店、休園・休校措置で負担拡大する子育て家庭の様子を見て、地域への貢献方法を模索していました。

そこで、『調布っ子応援プロジェクト』に対し、子育て家庭が利用しやすく、飲食店側も負担なく対応可能なアイデアを届けるため、子育て家庭へのテイクアウトメニューに関する意識調査を実施。調査結果と提案を調布市に提出し、市内飲食店にも配布いただくことになりました。

調査方法、提案内容については次の通りです。

調査実施方法

  1. インターネットによるアンケート調査
  2. フォーカスグループインタビュー(オンラインで実施)

調査実施期間

  1. 2020年5月11日~5月25日 (回答数 26名)
  2. 2020年5月18日(アンケート調査回答者から7名参加)

Polarisでは今後も、地域に価値を生み出すために生活者視点での調査・提案を実施してまいります。

ご要望につきましてはこちらからお問い合わせください。

著者:スタッフポラリス

【募集終了】MID POINTラウンジ運営スタッフ:新規店舗&大塚スタッフ3店舗同時募集!

住宅立地型で「職住近接」をテーマとしたレンタルオフィス、MID POINT
Polarisでは、第一拠点である目黒不動前の立ち上げより、場の運営に携わっています。
場の運営をレンタルオフィスでサポートしているのが「コミュニティマネージャー」です。
今回、新規店舗オープンに伴い、3店舗の「コミュニティマネージャー」の募集を開始します。

業務内容

  • MID POINTの共用スペースであるラウンジの受付業務および入居者管理業務(基本的なパソコン作業あり)
  • コミュニティ活性イベントサポート業務
  • シェアオフィス内、各フロアのケア(入居者フロア、会議室の簡単な清掃など付随する業務) etc

\実際にMID POINTで仕事をするコミュニティマネージャーのインタビュー掲載中!/

 

募集要項

営 業 日:平日(土日祝日、年末年始を除く)
勤 務 地:武蔵小杉【募集終了】、関内【募集終了】、大塚【募集終了】
勤務時間:11:30-17:00
報  酬:6,050円(休憩なし)
遠方の場合、交通費別途支給
募集人数:4〜6人(シフト制、週2回程度)
※カフェエプロンの貸与。 白シャツ持参。
契約形態:業務委託

業務説明会

6月30日(火)、7月2日(木)、7月6日(月)、7月10日(金)
※いずれも午前中の予定
オンライン(Zoom予定)で1.5時間程度。
日程については合わない場合は相談可。

研修スケジュール

※日程に関しては集まったメンバーで調整予定

研修1 (2時間程度)
具体的な業務内容/業務委託契約書・機密保持契約の提出

研修2 (2時間程度)
スタッフとして働くための基礎知識

実地研修(7月終わり〜8月中)
現コミュニティマネージャーと一緒にシフトイン予定。

トライアル業務期間(9月)

振り返りを経て本稼働(10月〜)
※研修、トライアル期間は報酬金額が異なります。(1,013円/時ベースで時間積み上げ)

応募について

下記「応募する」ボタンよりご応募ください。

 

MID POINTラウンジ運営会社
非営利型株式会社Polaris

 

求人に関してのお問い合わせ

ご不明な点等ございましたら、下記メールアドレス宛にお問い合わせください。

locowork-info@polaris-npc.com

MID POINTについて

株式会社コスモスイニシアが運営する職住近接のレンタルオフィスです。個室や半個室、会議室を備え自宅の近くで働くことをサポート。仕事だけでなく、コミュニティに参加することで居心地や愛着を深め、リラックスできるデザイン性の高い空間で働くパフォーマンスを上げます。
MID POINT公式サイト

今回のスタッフ募集店舗について

MID POINT大塚【募集終了】
目黒不動前に続く2店舗目。8階のラウンジにはコワーキングスペースとガラス張りのミーティングスペースを設置。集中して仕事をするときは自分のスペースで、打ち合わせや誰かとコミュニケーションをとりながら仕事をしたいときはラウンジで、と使い分けが可能です。大塚駅から徒歩5分の好立地。都内へのアクセスも気軽です。

MID POINT武蔵小杉【募集終了】
武蔵小杉駅から徒歩2分の好立地!武蔵小杉の再開発施設に入居。
乃村工藝社設計のオシャレなデザインに高い天井を取り入れた開放感のある空間が特徴。
MID POINT内にカフェも併設し、仕事の合間においしいコーヒーを、といったONとOFFの切り替えがしやすいオフィス。
https://www.cigr.co.jp/mp/musashikosugi/

MID POINT横濱関内【募集終了】
ブルーライン「関内」駅徒歩1分、JR京浜東北「関内」駅徒歩3分の好立地!
官庁や役所が集まるビジネス街にも程近い立地で1~7名というフレキシブルさが特徴。
コスモスモア設計によるデザインの高いラウンジ、1Fにはコインパーキングを備えた拡張性や機能性の高いオフィス。
https://www.cigr.co.jp/mp/yokohama_kannai/

コミュニティについて

MID POINT主催や会員主催でのイベントを各種実施しています。コミュニティマネージャーは会員主催の場合に実施のサポートを行います。

 

名刺交換会の様子

ランチ会の様子

MID POINT大塚ラウンジスペース


コミュニティマネージャー関連記事
Polarisのはたらき方VOL.4 コミュニティマネージャーという仕事
一緒に作り上げていく、MID POINTという新しいコミュニティ。
MID POINTを仕掛けた人々が語る、“新しい価値”とは。