【2019年おうちから起業講座】オープンセミナー 開催レポート

著者:wp_admin

【2019年おうちから起業講座】オープンセミナー 開催レポート

女性の起業をサポートする「おうちから起業」。
今回で6回目となる本講座のオープンセミナーを、2019年2月15日(金)、調布市のai sayamaアトリエにて開催しました。

――「趣味で続けてきた好きなこと、仕事にできないかな?」
――「子どもの教育費を稼ぐために好きなことは諦めないといけないの?」
ライフステージの変わるタイミングに、変化を求められがちな女性。小さく続けてきたことを、ここから先、一生モノの仕事にするために、自分らしい事業を作るための必要な基礎から、受講生みんなでイベントに出展するまで、2ヶ月かけて学んでいく講座です。

連続講座に先駆けて行われたオープンセミナーでは、主催のPolarisから、講座開催の想いが語られました。その後3名のゲストを迎えて、パネルディスカッションを実施。「西調布つくるまちプロジェクト」に参画しているイラストレーターの佐山愛さん、調布子育てカフェaonaのバイヤーであり、陶芸家として作品づくりやワークショップも開催している原薫さん、昨年のおうちから起業講座受講生でハンドメイド作家の鈴木敦子さんをお招きして、自分らしい事業の組み立て方や等身大の経験をお話しいただきました。

想いに根ざした起業を、続けていくために〜

はじめに、非営利型株式会社Polarisファウンダーの市川望美より、参加のみなさんに向けて、開催に向けた想いを伝えました。

市川:Polaris創業前に関わっていた子育て支援のNPOの一員として活動していくなかで、小さな活動をする素敵な女性にたくさん出会いました。また、ビジネスとして儲かるかどうかで評価するのではなく、地域の女性ならではの想いに根ざしたかけがえのない価値を生み出す起業のカタチを、一つのカテゴリとして作っていきたいという想いが生まれていきました。「おうちから起業講座」にはそんな背景があります。
ご縁やつながりは大切にすべき経営資源です。
1人で乗り越えられない壁も、事業を進めていく上で生じる課題を講座を通して出会った仲間と共有しながら越えていく。自ら起業するからこそ、成功や失敗の定義を自分で決めて、自分が心地良いと思える形を模索する。小さく始めたものを育てていけたら良いですし、自分が本質的に届けたい価値を、講座を通して見つけて欲しいと思っています。

パネルディスカッション〜“好き”や“得意”から始める自分らしいシゴトのカタチ

パネルディスカッションでは、モデレーターを担当するPolarisの市川と野澤から、自分らしい事業を展開している3名のゲストに、“好き”や“得意”を仕事にしたキッカケや、事業の中での印象深い出来事など、等身大の経験をお聞きしました。

登壇者事業紹介

佐山 愛 ( ai sayama )
「イラストで世界はもっと楽しくなる!」をモットーに活動するイラストレーター。2018年に独立。企業とコラボし、商品やパッケージ、広告などにイラスト提供を行う。地元西調布の商店街活性化プロジェクトに関わる一方、台湾での展示を行うなど、グローカルに活動中。

 
原 薫( Sign pottery運営 )
うつわ作家としてワークショップやマーケット出店する傍ら、調布の子育てカフェaona のバイイングマネージャーとして商品の買い付けや商品開発、店頭ディスプレイなどを担当。オンリーワンなものづくりを通して、作る側と買う側、双方の豊かな時間を生み出すことを目指す。

 
鈴木 敦子( 手仕事Kon Pei Tou運営 )
調布・狛江市をメインに、“日常生活にちょっとした素敵をプラスする”手作り品の販売とワークショップを開催。作品は、編み物・ソーイング・刺しゅうなど、多岐に渡り、ワークショップでは、「簡単・作りやすい」をモットーに、ハンドメイドの楽しさを伝える。 昨年度の「おうちから起業」受講生。講座参加メンバーとともに、「ここから」というグループを立ち上げ、国分寺を拠点に「ここからフェスタ」を運営・開催。

好きなことが“お金”に――小さな成功体験を積み上げて
〜佐山 愛さん

幼い頃から絵を描くことが好きで、イラストレーターにほのかな憧れを抱きながらも、美大に行きたい、絵を描くことを仕事にしようという想いを持てませんでした。絵を描いて生計を立てている人は周りにもいませんでしたし、「そういうのはもっと才能のある人がなるものだ」というのが正直な気持ちでした。

とはいえ、少しでも興味を持ったところへと美術品を扱う会社に就職。しかし、その会社が倒産してしまったため、次に選んだのがIT系の会社でした。不況という背景から、とにかく好きなこと、といった軸で仕事を選べなかったのもあり、どうしてもITに興味が持てず…。そこで初めて、自分のやりたいことは何なのかを振り返ったときに、やっぱり絵で何かしたいという想いが湧き上がり、会社に勤めながらイラストレーターの養成スクールに通いました。その中で、実際に活躍している先輩方の仕事に触れ、「こんなに素敵な仕事ができたらどんなに素晴らしいだろう」と感じました。(私の)絵はお金にならないと思っていましたが、イベント時に、多くの作品の中から自分の絵が選ばれたり、コンペを通過したりと、いい意味での「勘違い」(笑)という小さな成功体験を積み重ねているうちに、過去の自分からは思ってもいなかった場所に到達したんだなと感じます。

ひと口にイラストといっても、いろんな種類があります。自分のイラストがどういったものに向いているのかも、イベント出展での反応など、「他者に当てることで自分を掘り下げる」ことを繰り返す中で見えてきました。今、イラストを仕事にしていて、本当に楽しいですし、自分が楽しいと感じることをやっていると、「楽しそうにやってるね!」と自然に応援してくれる人が周りに現れました。多くの人のサポートで、世界が広がってきたことを感じています。

限られた時間しかないから、やりたいことが見えてくる
〜原 薫さん

小学生の時、展覧会に出展していた私の図工の作品を、「これ、すごくかわいい!」と知らない女の子が言っているのを聞いて、自分の中でスイッチが入ったのを覚えています。その時から、自分のやりたいことはものづくりやデザインだと迷いはありませんでした。その後ご縁あって、レコーディング・エンジニアや、雑貨のバイヤーなど、様々な仕事を経験しましたが、基本的には自分のやりたいことに邁進してきました。こうした経験は全て、今のものづくりに活きていると感じています。

転機になったのは出産後、子育てに追われ、自分の時間が全く持てなくなったこと。子どもはもちろんかわいいですが、自分のやりたいことができないのがこんなにも苦痛なのかと、人生最大に悩みました。しかし、時間が限られているからこそ、やりたいこととそうでないことを振り分けていくうちに、「どうしてもやりたい!」と残ったのが陶芸でした。とはいえ、限られた時間の中で、子育て仲間と協力し、子どもを預け合いながら陶芸を学び、販売やワークショップなど活動を広げていきました。また子育て仲間との助け合いの経験と、雑貨バイヤーをしていた経験から、調布の子育てを支援するカフェaonaでバイイングマネージャーとして関わっています。子どもが小さいときに仲間同士で助け合ったことで、次の一歩へつながった経験と、子育て真っ最中の世代への恩返しがその理由です。

私自身は、やると決めたらやるだけ、限られた時間だからこそ、何をするかが見えてきました。これからも自分の好奇心に正直に向き合い、陶芸などのものづくりに関わりながら、「生涯現役」を目標に楽しんでいきたいと思います。

仲間との出会いが視野を広げ、変化を恐れず一歩前へ
〜鈴木 敦子さん

母の影響もあり、子どもの頃から手芸やお菓子作りが好きでした。息子の入園を機に、幼稚園の手芸サークルに参加したり、小学校でもフリーマーケットに参加したり、ワークショップを企画したり。作ることは楽しかったけれど、周りから求められるまま作品作りをしていく中で、「自分のメインはなんなのか」わからなくなっていきました。

このまま趣味で終わるか迷っていたときに「おうちから起業」に出会い、参加。事業を通して自分を掘り下げていくなかで、自分1人では難しいことも、多種多様なメンバーと出会ったことで視野が広がり、変化を恐れず一歩踏み出すことができたように思います。講座に参加してみて、プロなのか起業なのか、ということに縛られるよりも、「趣味」だけど本気で向き合おうという気持ちを大切にし、自分から行動することでチャンスが生まれるということも感じました。「自分にもできる!」とワークショップに参加してくれた方の笑顔が、事業を続けていく原動力になっています。自分軸で動くことで、周りの煩わしい声も以前より気にならなくなりました。

今後は、手仕事とお菓子作りを生かせる場を持ち、笑顔や楽しさ、心地良さなどを感じる場を提供したい。ゴールをあえて設定せず、緩急つけながら、自分を信じて進んでいきたいと思っています。

パネルディスカッションを終えて

市川より、「女性の起業を取り巻く環境」として、数字からみる、男女の特性の起業における違いや、起業の成功の定義についてミニ講義を行いました。「他人からやらされるのではなく、自分から始める起業だからこそ、自分が一番楽しめて納得できる形を追求することが大事なのでは」と伝えました。また野澤からも、「想いをベースにとなると、“想いがないとできないの?”“あの人ほど、想いが強くないかも”と、つい人と比べてしまう人も多いけれど、登壇者の話からも多く出たように、自分で決めて選択することが一番大事なのでは」と、オープンセミナーを締めくくりました。

当日は10名の方に参加いただき、お子さん連れの方も多く和やかな雰囲気で行われました。また秋田県からも、オンラインで2名の参加があり、地域性の違いなども話題になりました。

終了後の参加者のアンケートには、次のような感想が寄せられました。
———壁打ちをし続け、自分を掘り下げ続けていくしかない、という佐山さんのお話が一番印象に残りました。また、みなさんのお話から、自分が本当に望むものや、自分が何者かを知るためには、一人での作業では限界があるなと改めて感じました。
———成功しなきゃいけない、専門性を極めなきゃいけないなど、こうしなきゃ、こうでなきゃいけないという思いこみから解放されたような気がしました。
———自分で決めて、自分がやりたいことをやっていくという、自分スタンスの会話があふれていたこと。

会場の佐山さんのアトリエは、青色の壁が印象的で、明るく独創的な作品がたくさん展示してあり、参加者の目を引きました。セミナー後のランチ交流会もご縁やつながりが感じられる場で、登壇者と参加者が共にお弁当をいただきながら語り合いました。

おうちから起業「連続講座」

連続講座では、自分の事業の価値を正しく見出し、地域や自分以外の資源を活用し、講座参加者でイベントを共に作り上げることで協働するコツを学びます。
自分らしい事業を作るために必要な基礎から、イベントに出展するまで2ヶ月かけて学んでいきます。
時間:10時~13時(12時からはランチ交流会)
会場:cococi@仙川(東京都 調布市仙川町1-16-4 栗本ビル3F)
参加費:18,000円(4/27イベント出店料込み)単発参加(6,500円)も可能ですが、連続講座に参加して仲間と一緒に学ぶのがお勧めです。(連続講座の方が優先です)
保育:3,000円/回(希望者のみ)

講師 野澤恵美(非営利型株式会社Polaris取締役・Design Executive Officer)

STEP1 連続講座(レクチャー)
2/26(火)DAY1 想う あなたは何屋さんですか?
3/12(火)DAY2 伝える どうやったら必要な人に伝えられる?
4/16(火)DAY3 構える 開業準備

STEP2 出店体験 
4/27(火)カラスヤマ手作り市
千歳烏山駅近くの烏山区民センター前ひろばで年2回行われているイベントです。

STEP3 特別講座(希望者のみ)
4/23(火)3月中に詳細が決まり次第、リリースします。