Loco-space Fujimino(ロコスペースふじみ野)運営紹介

投稿者:polaris_fujikura

Loco-space Fujimino(ロコスペースふじみ野)運営紹介

非営利型株式会社Polarisは、分譲マンション「Brillia Cityふじみ野」の販売センター内に併設するコミュニティスペース「Loco-space Fujimino(ロコスペースふじみ野)」(埼玉県ふじみ野市)の運営をおこなっています。

今回は、「地域の情報ステーション」として、地域住人であるスタッフとともに、地域情報の発信を通して、地域に新しい繋がりを作っているロコスペースふじみ野での運営の様子をご紹介します。

運営内容とスタッフメンバーについて

ロコスペースふじみ野は、マンション購入検討者や入居予定者など、これから新しくこの地域に引っ越してくる人たちと、この地域で暮らしている人やはたらいている人たちを、地域の情報やイベントを通じて繋げることを目的として作られたコミュニティスペースです。

SNSによる地域情報の発信を軸に、主に4つの仕事をチームで運営しています。

  1. SNSによる地域情報の発信
  2. イベントの企画運営
  3. 地域情報コンシェルジュによる相談会(対面型の地域情報提供サービス)の実施
  4. レンタルスペースの運用

メンバーとチーム運営について

チームのメンバーは、ロコスペースふじみ野周辺に住む、7名の子育て中の女性たちです。
メンバーは本業を別に持ちつつ、「自分の暮らす地域に関わる仕事がしたい」という想いを持って、副業としてこの業務に携わっています。
コミュニティスペースでの勤務は月に2~3回のほかに月に一回のミーティングがあります。その他の業務連絡、情報共有、シフト調整などは、全てオンライン上で完結しています。

メンバーそれぞれが持っている地域情報は、居住エリア・子どもの年齢・趣味などのバックグランドの違いによって様々です。そして、メンバーが多様であるのと同様に、情報を受け取る人たちもまた多様です。メンバーが持つ情報をお互いに尊重しながら共有することで、多様な情報発信が可能となると共に、対等でフラットな関係性のチーム運営が実現できています。

地域情報について

相談会での地域情報提供の際や、SNSでの地域情報発信の際には、「どこに何があるか」だけでなく「そこでどんな経験ができるか」ということに重点を置いています。例えば、そこにある病院ではどんな医師からどんな診察が受けられるのか、あるいはそこにある公園では子どもたちはどんな遊びができるのか、といった、メンバーそれぞれの「日常の暮らしの経験」に基づいた情報を伝えるようにしています。なぜなら、経験に基づいた具体的なエピソードこそ、実際にこのエリアで暮らすイメージを膨らませることにつながるからです。
メンバーそれぞれの、地域や地域の人々への愛着ある眼差しで切り取られた情報は、受け取る人に共感や安心を届ける力があります。

こうした情報提供の仕方には、Polarisが「くらしのくうき」という地域情報提供サービス事業を積み重ねて培った知見が宿っています。

「日常の暮らしを大切にすることが価値を生み、仕事になる」
――Polarisが育んできた価値の再編集スキームにより、仕事にやりがいを見出したメンバーが、対等で協力的なチーム形成を行うことで、質の高い情報発信へとつながっています。

イベントの運営企画について

ロコスペースふじみ野では毎月1~2回、「オープンデイ」を開催しています。
指定の時間内は、ロコスペースふじみ野を自由に利用することができ、地域情報について気軽に話せる場として、また近隣のスタンドコーヒー店のドリンクスペースとして活用いただけます。
イベント会場を探している方や、ショップカードや地域での活動のチラシをスペース内に置いてほしいという方が来場することもあります。

10月のオープンデイでは「来場した方に笑顔になってもらえるような場と時間をつくりたい」というメンバーの想いから、ハロウィンイベントを開催しました。
ハンドメイド作家としても活動しているメンバーが中心となって装飾を企画し、SNSでは、当日を楽しみに思ってもらえるような投稿を発信するなど、一ヶ月程前から少しずつ準備をしました。
配布するお菓子はメンバーが子どもの頃からお世話になっている地域の駄菓子屋さんに発注。また、子育てや仕事を頑張っている大人の方にも喜んでもらいたいとの想いから、大人用にもサプライズで地域の古くからある洋菓子店のお菓子を用意しました。

イベント当日は、併設されているマンション販売センターに来場のお客様、地域でハンドメイドの活動をしている方、Instagramのフォロワーの方、メンバーの家族、友人など様々な方々が来場しました。撮影を楽しんだり、メンバー手作りの地域情報資料を見ながら地域のお話しをしたり、お菓子のプレゼントを通して言葉を交わしたりした時間は、メンバーも来場者も笑顔にあふれた時間となりました。

スタッフメンバーと来場者の当日の様子
メンバー手作りの装飾

最近は、ロコスペースふじみ野のSNSにメッセージや問い合わせなどをいただくことも少しずつ増えてきました。このエリアに引っ越してきたばかりの方、地域でお店をやっている方、個人で起業をしている方など様々です。これからも地域情報の発信を通して、そのような方たちを新たに繋げ、関わった人にたくさんの笑顔を届けられるようなスペースを目指します。

インスタのフォローはこちらから

a