投稿者アーカイブ polaris_iwatani

投稿者:polaris_iwatani

【イベント情報・ランチタイムセッション】自分をケアしてますか?

自分をケアするってどういうこと?

1月のランチタイムセッションは、「ケアとコミュニティ」をテーマに対話。Polarisの組織づくりにおいて、「共にケアし合うことを大切にしている」ということを話しました。一方で、他者をケアするためには、自分がすこやかである必要がある、という話題も。そこで、2月のランチタイムセッションでは、セルフケアについて掘り下げます。

自分がすこやかでいるためには、もちろん休息が必要です。しかし、「いくら寝て身体を休めても、元気が出ない」ということを経験している人も多いのではないでしょうか。睡眠だけではなく、運動したり、友達と会ったりすることもまた、休むことの一部。休む方法もさまざま。それに、何が休息になるかは、人によって違うのです。

日常的な休息のほかに、時には立ち止まることも必要かもしれません。Polarisでも、リトリートをテーマにしたワーケーションを長野県飯綱町や福岡県東峰村で企画してきました。こうした非日常の休息もまた、長い視点で見ると大切でしょう。

上記のことを起点に、自分をケアするとは、どういうことなのか?
すこやかな自分とはどんな状態なのか?
話してみたいと思います。

参加メンバーは、山本弥和(Polaris取締役)、市川望美(Polarisファウンダー/取締役)、吉牟田希里子、武石ちひろ(ともに自由七科研究員)の4名。
ランチを食べながら、画面オフで聞くだけでもOK!ぜひお気軽にどうぞ。

開催概要

日時:2月27日(火)12:00~12:50
オンライン開催
参加費:無料
定員:20名

主催

非営利型株式会社Polaris(★令和元年度 東京都女性活躍推進大賞 地域部門大賞受賞)
学びのコミュニティ「自由七科(じゆうしちか)」
非営利型株式会社Polarisが運営する学びと探究の場。
変化の時代の中で多様な人とつながりながら、一人ひとりがここちよいと暮らしかたやはたらき方を実現するための対話の場をつくっています。

朝日新聞の運営するウェブサイト「telling」に市川望美のインタビューが掲載されました
柔軟な働き方を選べる社会を目指すPolaris市川望美さん。「シゴト軸のコミュニティ」も構築

申込方法

お申し込みはこちらから

投稿者:polaris_iwatani

福岡県ワーケーション創出プロジェクトで審査員特別賞受賞

2024年1月16日、Polarisは福岡県東京事務所主催のワーケーション創出プロジェクトのプレゼンに参加し、審査員特別賞をいただきました。Polarisの事業創生チームにて「企業×地域の連携でワーケーションプランを創って“お中元・お歳暮”として贈ろう!」というユニークなテーマに、昨年秋エントリー。今回のプレゼンを経て受賞となりました。

地域イノベーションを事業の一つとし、旅するように全国各地のイノベーションに関わってきたPolaris。今回は「自分を耕す旅~休息と回復のワーケーション」をプランニング。訪れた福岡県東峰村の美しく心落ち着く環境や豊かな文化体験、交流させていただいた人々との時間等で得られたものを、ゆらぎの多い「はたらくミドル女性」に贈ろうと、2泊3日のプランにまとめました。東峰村に滞在して、まずはゆったり休息と回復を。次に、人生を動かすヒントや、新しいキャリアのきっかけを見つけて、人生を再起動するような旅を提案し、24社がエントリーする中、大賞1社、審査員賞3社の一つに選ばれました。

実際に、夏と冬それぞれの東峰村を体験してワーケーションプランを作成。

作成したワーケーションプランは、福岡県市町村が他企業へモデル例として紹介のほか、ふるさと納税の返礼品として関係人口づくりに活用の予定です。

【審査員】
・ADDress代表 佐別当 隆志氏
・Lancers(ランサーズ) インキュベーション推進室 一般社団法人日本ワーケーション協会 公認ワーケーションコンシェルジュ 篠原 智美氏
・福岡県東京事務所 副所長 徳本 裕子氏

関連する記事

「福岡県テレワーク移住体験・ワーケーション促進宣言」を行いました

「地方創生テレワーク推進運動 Action宣言」を行いました

「休息と回復を認め合う社会へ」supported by EVEに取締役 市川望美が登壇しました

10/28(土)【沼津】セカンドキャリアアクション講座に取締役 市川望美が登壇

「湘南セカンドキャリア地域起業セミナー」に市川望美が登壇 ― Why Me? スキルと経験の棚卸しワークショップ

投稿者:polaris_iwatani

【イベント情報】※満員御礼※子どものいる暮らしの中ではたらくを考える座談会@町田


自分が本当に大切にしたい暮らし方と、はたらき方とは?


100人100通りの感じ方を大事にし、「ここちよく暮らし、働く」という問いから多様な答えが共存できる方法をみんなで考える座談会。

コロナ禍は、私たちのはたらき方を一気に変えました。一方で選択肢が増えた分、何が自分の望むことなのか迷ってしまったり、選択できないことを自分の弱さと捉えてしまったりする声も聞かれます。

変化の時代の中で、惑うことは当たり前。この座談会では答えを出すことではなく、対話することを目的としています。他者の多様な価値観に触れながら、自分が本当に大切にしたい「暮らしかた」「はたらき方」を考えてみませんか?

「子どものいる暮らし」とタイトルにありますが、このテーマを起点に、多様な立場から、それぞれのはたらき方を考える座談会です。子育て中の女性だけではなく、男性や学生、独身の方、どなたでも大歓迎です。

こんな方におすすめ

  • はたらき方を見直したい方
  • 育休復帰される方
  • 再びはたらきたいと考えている方

開催概要

日時:2024年2月19日(月)10:30-12:00
参加費:500円
定員:5名
※お子様連れでのご参加も歓迎です。

会場

コワーキング&ギャラリー COMMUNE BASE マチノワ

〒194-0021 東京都町田市中町3-10-6

(経路)
小田急線町田駅北口から徒歩10分。中町交番から徒歩4分、町田税務署と町田高校の中間点にあります。
タイムズ町田中町第15手前を右折してすぐ。玄関脇の大きなハナミズキが目印です。

主催

非営利型株式会社Polaris(★令和元年度 東京都女性活躍推進大賞 地域部門大賞受賞)

学びのコミュニティ「自由七科(じゆうしちか)」
非営利型株式会社Polarisが運営する学びと探究の場。
変化の時代の中で多様な人とつながりながら、一人ひとりがここちよいと暮らしかたやはたらき方を実現するための対話の場をつくっています。

【協力】

マチノワジョブ

町田市中町にある、コワーキング&ギャラリー COMMUNE BASE マチノワにて、 2021年にスタートした、 “町田に暮らし、町田ではたらく女性のための応援プロジェクト”です。

お申込み

参加者多数の為、受付は終了いたしました。

下記のPeatixのページからお申し込みください。


※「子どものいる暮らしの中ではたらくを考える座談会」とは何なのか、開催のきっかけや想いなどをnoteに記載しています。
「子どものいる暮らしの中ではたらく」ということについて考える座談会

※町田座談会の様子はこちら
【座談会レポ】私のここちよさを見つめる場

※PolarisのSNSもチェックしてもらえると嬉しいです。
Facebook:https://www.facebook.com/polaris.npc/
Twitter:https://twitter.com/polaris_pr
Instagram:https://www.instagram.com/polaris.npc/
note:https://note.com/polaris_npc0820

投稿者:polaris_iwatani

第50号 Polaris事業レポート 2023年12月26日発行

メールマガジンに記載されたパスワードからログインいただき閲覧ください。

メールマガジンアーカイブは、メルマガ購読者限定記事となっております。閲覧をご希望の場合は、下記よりメルマガにご登録ください。

メルマガ登録

投稿者:polaris_iwatani

【参加レポート】「NPO事業承継サミット2023~女性中心型組織とリーダーシップ」から考える、意思決定・代表交代・インパクト

2023年10月30日(月)にサイボウズ株式会社で実施された「NPO事業承継サミット2023」において、非営利型株式会社Polaris創業者の市川望美と2代目代表取締役の大槻昌美が登壇しました。創業者である初代と事業を継いだ2代目、それぞれの視点を通して女性中心型組織における意思決定や代表交代について語りました。

組織の多様性と発展を促すため――代表交代のきっかけ

本日のモデレーターは、Polarisも長くお付き合いさせていただいているサイボウズ株式会社ソーシャルデザインラボの渡辺清美さん。大槻からPolarisを紹介の後、市川からPolarisの創業のきっかけと代表交代に至った経緯を説明しました。

下段3名が創業メンバー。現在は5人で共同経営。

16テーブルがほぼ埋まってしまうほど、たくさんの人にご参加いただきました。

経営面では実績があまりなかったからこそ、Polarisが掲げるミッションやビジョンの賛同者を増やして世の中に問いかけることを「市川代表」期で行ってきました。対して代表交代後の「大槻代表」期は、事例や実績も蓄積されてきて、ビジネススキームが固まりつつある時期に、大事な融資を受けたり大手企業と連携したり、顧問の税理士に組織基盤を見ていただいたりと、ビジネスの基盤強化を図ってきています。

葛藤の末に、初代と2代目が選択した決断とは

ここで、初代市川代表から大きなバトンを引き継いだ2代目大槻代表が、2代目ならではの苦悩を語りました。

対して初代市川は、創業者ならではの苦悩と、その後に初代と2代目が下した大きな決断について語りました。

事業を通して「Polarisであること」を表現する

最後の質疑応答では、サイボウズの渡辺さんが代読する形で、大槻・市川に寄せられた、参加者からの質問に答えていきました。代表交代に関することはもちろん、組織の定義を問うものから経営スタイルや事業縮小など、Polarisの経営に関することまで幅広いジャンルの質問をお寄せいただきました。

Q.女性中心型組織ということでしたが、実際に組織やお客様にはどれぐらい女性がいらっしゃるのでしょうか。

Q.大槻さんは現時点で継承を考えていらっしゃいますか。

Q.第3フェーズはどんな成長段階を担っていくか。事業縮小のフェーズなども考えていますか。

Q.創業時点で描いていたビジョナリーな代表交代を実現させるのは、なかなかできることではないという印象です。それを可能にした要因は何だったのでしょうか。女性中心型組織であることは成功要因に関係しているのでしょうか。

Q.早めに代表交代しようと思ったきっかけは何ですか。

Q.組織の運営にあたりルールやマニュアルがありますか。

Q.2代目大槻さんになられて、ある意味ビジネスになってきたとのことですが、それに対して初代市川さんは違和感を覚えることはありましたか。

Q.組織の定義をどのように捉えていらっしゃるのでしょうか。

Q. Polarisでは、事業部ごとにバラバラにすることを考えられた経験はありましたか。

Q.Polarisさんって心地のいい場所を作りながら事業をやってらっしゃったと思うんですけど、そういう場所は実際いくつくらいあるんですか。また、全国各地の案件はどんな形でお話をいただくことが多いのでしょうか。

Q.出会った頃から「自分たちの活動を横展開していくんだ」とおっしゃられていて、今お話を伺っていると本当に着実に活動を積み重ねてきてらっしゃることを実感します。

Q.運営メンバーに雇用してる人はいないのですか。

事業承継が内外に与える影響の大きさを理解し、目的を明確に

最後に、大槻と市川から、参加者にメッセージを伝えました。

関わる全ての人たちにとっての「心地よさ」を大切に、活動を続けてきたPolaris。組織の発展と持続性のために成し遂げた代表交代は、さまざまな苦悩や葛藤、試行錯誤を経て、個性を活かしつつもしなやかに、時代の変化に対応する現在の経営スタイルを確立しました。

これからもPolarisは、いろいろなメンバーを受け入れつつ、「チーム経営」で組織を運営するとともに、いろいろな働き方の選択肢を作るための事業に取り組んでいきます。

関連ページ

行政も企業もNPOもみんなで一緒に、NPOの世代交代について考える場を!NPO事業承継サミット2023に込めた想いとは?(外部リンク)

投稿者:polaris_iwatani

【登壇情報】「休息と回復を認め合う社会へ」supported by EVEに取締役 市川望美が登壇しました

2023年10月26日(木)に開催された、エスエス製薬株式会社主催の「休息と回復を認め合う社会へ」supported by EVEに、取締役ファウンダー市川望美が登壇しました。

市川はイベントの第1部にて、Polarisが事業を進めるうえで大切にしてきた「ここちよく暮らし、はたらく」こと、そして解熱鎮痛薬ブランド『EVE(イブ)』の休息と回復に関する考えや共鳴する想いについてお話するとともに、前年度エスエス製薬との共催で実施したセミナーや座談会についてご紹介させていただきました。

菜々緒さん、カズレーザーさんが登壇!EVE(イブ)が目指す「休息と回復を認め合う社会」について一般参加者と熱く考え、語るイベントを開催!

関連ページ

【開催終了】エスエス製薬×Polaris〜自分らしく 心地よく働き続けるために「休息」を考える~

投稿者:polaris_iwatani

【イベント情報・ランチタイムセッション】制約をこえていく、共につくり合う働き方(後編)

制約から自由になる、自分らしいはたらき方

女性にとって出産がキャリアに与える影響は計り知れません。さらに、子どもにもしハンディキャップがあったとしたら?

今回ゲストにお呼びするのは、ネイリストの石野有紀子さん。高校生の息子さん、げんちゃんには知的障害があります。超未熟児で生まれたげんちゃんは、小さなころは入退院を繰り返していました。成長も周囲と同じようにはいきません。「もう自分らしくはたらくことはできないのだろうか」と思っていた有紀子さんですが、Polarisとの出会いをきっかけに、ネイリストの資格をとり、いまでは調布市にある古民家「もえぎ家」でサロンを開くまでになりました。

さらに、2022年8月より、げんちゃんと書字障害を持つ高校1年生の美音(みお)ちゃんが営む不定期開催のカフェ、「マイペースカフェ」の活動をスタート。凸凹があっても自分らしくはたらくことができることを体現し、思いもよらなかった化学反応が起きているそうです。

「小さい頃は振り回されていると思っていたけど、今は息子に導かれてきたのだと感じる。」と有紀子さん。
今回のランチタイムセッションでは、制約の中で自分らしい働き方をつくることや、多様な人が互いを活かし合う働き方について考えます。

前編となる10月は、石野有紀子さんのネイリストになるまでのお話やお仕事に対する考え方について話を伺いました。11月の後編では、マイペースカフェのお話や最近の福祉関連に関する活動についてお話を伺います。

ランチを食べながら、画面オフで聞くだけでもOK!ぜひ気軽にどうぞ。

開催概要

日時:11月14日(火)12:00~12:50
オンライン開催
参加費:無料
定員:20名

ゲスト

石野有紀子
たまリバ ネイル主宰(ネイリスト)

ネイリストの傍ら知的障害を持つ高校2年生の息子、元輝(ゲンちゃん)を育てている。
書字障害を持つ高校1年生の美音(みお)ちゃんと息子の二人で「マイペースカフェ」の活動をスタートする。2022年8月30日夏休みの終わりに「しばさき彩ステーション」の第1回から始まり先日の2023年10月1日のフリーマーケットの出店で7回目となる。
コミュニケーションに課題のある二人が喫茶を提供するという事が、コーヒーを囲む人間関係の中に化学反応を起こしていく事に気づき、この活動を様々な場面で活用して行きたいと考えている。

主催

非営利型株式会社Polaris
はたらくをアートする「自由七科」
 自由に生きるための知恵に出会うリベラルアーツ・ラボ

非営利型株式会社Polarisが運営する学びと探究の場。
変化の時代の中で多様な人とつながりながら自由に生きること、その人がその人らしくあること、仕事とその人がより近づき、自分が心地よいと思える暮らしかたや働き方を実現するための学びや探究を行うラボです。

申込方法

お申し込みはこちらから