プレスリリース:マンション販売エリアにおける『地域情報提供のための座談会』をオンラインでスタート

著者:スタッフポラリス

プレスリリース:マンション販売エリアにおける『地域情報提供のための座談会』をオンラインでスタート

非営利型株式会社Polaris(東京都調布市、代表取締役:大槻昌美)は、2020年5月より、「くらしのくうき*1“オンライン”地域情報座談会」の提供を開始することとなりました。


マンションデベロッパー各社に好評を得てきた「くらしのくうき地域情報座談会*2」。
分譲マンション周辺地域に住んでいる子育て世帯がもつ“暮らしや子育ての情報”をこの座談会の中で掘り起こし、マンション購入を検討する方へ有意義な生活情報の提供をサポートしてまいりました。

しかし現在、新型コロナウイルスの影響により、不特定多数の人が集まる座談会や対面でのインタビューの機会が減少し、マンション購入の際の情報提供機会が消失しつつあります。

そこで、非営利型株式会社Polarisでは、自宅に居ながらでも価値ある情報提供をサポートする「くらしのくうき“オンライン”地域情報座談会」を開始します。Polarisでは今まで培ってきた「くらしのくうき」事業における座談会・研修実績とワークシェア事業*3でのオンラインによるワークシェア業務・イベント実施の知見を本サービスへ活かしていきます。

くらしのくうきオンライン地域情報座談会

サービス内容

くらしのくうき「オンライン地域情報座談会」は、対象になる情報提供者のリクルーティングから座談会の企画・運営、レポートまで、非営利型株式会社Polarisによるワンストップ管理し、新型コロナウイルスによる影響で直接会うことができない場合にも、オンライン座談会にて複数名の参加者の意見を集め、価値ある地域情報へと展開していきます。
具体的なサービス内容は次の通りです。

  • 座談会実施後の報告
  • 該当地域に住む情報提供者のリクルーティング
  • 座談会の企画立案
  • 座談会実施〜実施後の運営業務及び事務局業務

サービスフロー

フォームよりお問い合わせ→企画ご提案(お見積もり)→情報提供者リクルーティング→座談会実施→報告書提出
お問い合わせフォームはこちらからご確認ください。

地域情報提供サービスオンライン化に関する今後の展望

今回サービススタートした「オンライン地域情報座談会」に加え、マンション購入検討者の方へ個別に地域情報を提供するサービス「くらしのくうき地域情報相談会*4」のオンライン化へと商品開発を進め、2021年3月までに実装を目指します。


*1 くらしのくうき:非営利型株式会社Polaris(2020年5月11日時点、登録者数:374名)の事業の一つで、子育て世代が知りたい暮らしの情報を伝える情報提供サービス。

詳細はこちらよりご参照ください。

*2 くらしのくうき地域情報座談会:暮らしの情報を伝える情報提供サービス「くらしのくうき」の一つ。マンション販売前のフェーズにて、子育て世代の体験に基づいた地域情報を、Polaris独自の座談会ファシリテーションで掘り起こし、地域の潜在価値を可視化し、販売促進に貢献してきました。

*3 ワークシェア事業:非営利型株式会社Polaris(2020年5月11日時点、登録者数:374名)の事業の一つに、在宅でのワークシェア事業があり、Polarisの発祥地にちなみ「セタガヤ庶務部」と呼ばれています。中小企業の主幹業務以外をチーム形式のワークシェアで支えています。事例はこちらよりご参照ください。

*4 くらしのくうき地域情報相談会:暮らしの情報を伝える情報提供サービス「くらしのくうき」の一つ。マンションの販売フェーズにて、地域コンシェルジュとして、生活者視点の相談会を実施。地域での生活当事者だからこそできる情報提供で、マンション購入検討時の良質なサポートを実施してきました。


会社概要

非営利型株式会社 Polaris
設立:2012年2月
所在地:東京都調布市仙川町 1-16-4 栗本ビル 3F
代表取締役:大槻昌美


本件に関するお問い合わせ

非営利型株式会社Polaris 山本弥和
連絡先:pr@polaris-npc.com