投稿者アーカイブ スタッフポラリス

投稿者:スタッフポラリス

Polaris新オフィス
「cococi×co-ba CHOFU」紹介

弊社は2021年3月1日に、調布市仙川町(京王線仙川駅)より、調布市小島町(京王線調布駅)へ移転いたしました。
移転後は、同時期にリニューアルオープンしたco-ba CHOFUと融合し、今までの「ここちよくはたらき、ここちよく暮らす」という思いのこもったワークスペース名”cococi“の名称を引き継ぎ、「cococi×co-ba CHOFU」として新たなスタートを切りました。

今回のリニューアルでは、内装設計から「KUMIKI PROJECT」へ依頼。KUMIKI PROJECTのコンセプトに基づいた DIT(Do It Together)ワークショップを行い、co-ba CHOFUに関わる皆さんや事業でご一緒している方々、Polarisメンバーや子どもたちと一緒に、小上がりの床を貼ったり、壁にペイントしたり、机や本棚を組み立てていきました。こうして同じ場所、同じ時間に目的を同じくすることで、Co-ba CHOFUが愛着を持てる場所となりつつあります。

今回は新しくなった弊社オフィス「cococi×co-ba CHOFU」を紹介いたします。

調布駅広場口から徒歩1分の好立地!

「cococi×co-ba CHOFU」は、京王線調布駅の「広場口」を出ます。調布市グリーンホール前の広場を抜けた先にあるLAWSONの右斜め向かいのビル2階になります。

駅前広場
外観
看板
入口
夜はcococi co-baのサインが浮き出る

つながりの根を張り巡らせる「ワーク+コミュニケーション」空間へ

「cococi×co-ba CHOFU」は、効率よく仕事をこなすための場ではなく、通う人たちに自然と交流が生まれるような、また、ほっと一息つけることで新しいアイデアが生まれるような、「働きすぎないゆとり」をコンセプトにしています。
レイアウトは、植物の根を模したようにワークテーブルが配置されており、人と人との視線をずらしながらも、対話もしやすい空間を生み出しています。

このワークスペースでは、コワーキングスペース「co-ba CHOFU」の会員さんとPolarisの業務メンバーとが混ざりながら仕事をしています。

アクセントウォールのグリーンの色がポイント
大きな窓から光が差し込み明るいスペース
人同士の視線はズレるが対話はしやすい配置
壁側の席ではちょっと集中して作業も
ときには隣の人と雑談も

cococi × co-ba CHOFU のおすすめポイント

その1 大きな窓とヒノキの小上がり

cococi×co-ba CHOFU は、フロア全体が靴を脱いで上がるスタイルのため、小上がりはくつろぎのスペースになっています。
時にはゆっくり食事したり、周りの人と雑談したり、一人で本を読んだり。
ゆくゆくは、この小上がりを使って、イベントやセミナーなども行う予定です。

大きな窓から差し込む光
小上がりでリラックス

その2 オンラインブース

発話の多いオンライン会議や集中して作業したいときに、ちょっと籠もれるスペースです。

周りの目を気にせず集中

その3 卓球台にもなるワークテーブル

定員6名のミーティングルームには、卓球台になるワークテーブルがあり、ちょっとした遊びゴコロもプラス。
DITで塗ったイエローグラスカラーの壁がアクセントとなり、パッと明るい室内です。

イエローとグリーンが差し色に

はたらくと暮らすをミックスしよう

「cococi×co-ba CHOFU」は、私たちがつくっていくのではなく、関わる皆さんと共に育てていく、そんな場にしていけたらと思っています。
これからも、Polarisは調布の街で、仕事を通して、更に多様な人たちが混ざりあう働き方、ライフスタイルを提案し続けてまいります。

cococi ×co-ba CHOFUのコンセプトボード

新住所

郵便番号 〒182-0026
東京都調布市小島町2-51-2 寿ビル2F
京王線調布駅徒歩1分 

投稿者:スタッフポラリス

【人材募集】在宅・事務サポートメンバー※4月8日(木)16:00締切

在宅でのバックオフィス業務チームで働きませんか?
5月初旬より開始。月初めの2〜3日の業務です。

Polarisが受託している、訪問看護ステーションの月次業務の事務サポート。今回はその業務の中で、在宅でパソコンを使った業務を行う「システムメンバー」を募集します。
※「システムメンバー」は非営利型株式会社Polarisとの業務委託契約となります。

募集概要

システムメンバー:1名程度
稼働場所:在宅
業務内容:クライアントシステムよりデータのダウンロード、エクセル・PDF扱い、e-fax送信
使用ツール:クライアント専用システム、ラインワークス 、いきなりPDF(加入後、経費にて購入)、ドロップボックス、チャットワーク、Zoomなど
業務日時:月初2~3日(メンバー間でシフト制)※月毎に日にち(曜日)は変わります。
10:30~15:00(9:30~13:30)など
報酬:トライアル報酬(1000円/1時間あたり)
   本稼働(1200~1300円/1時間あたり)
条件:個人PCをお持ちの方、Windows(Office要)、対応できるスペックのPCをお持ちの方
※トライアルは2ヶ月程度を予定(期間はこれに限らず)
応募締め切り:4月8日(木)16:00

こんな方に向いています

  • パソコンを使った業務に抵抗のない方
  • Officeの基本操作ができる方
  • マニュアルに沿って、正確に作業できる方
  • メンバー間で躊躇なく質問できる方
  • 季節問わず(お子さんの夏休み時期など)業務に入れる方
  • オンラインでのバックオフィス業務に興味のある方
  • 新しいツールの習得に抵抗のない方
    (ラインワークス、チャットワーク、ドロップボックス、Zoomなど、初めてでも大丈夫ですが、自ら学んだり、メンバー間で質問し合ったりすることができるといいです)

丁寧でわかりやすいマニュアルがあり、メンバー間(クライアントが入る時もあり)でZoomを繋ぎつつ、わからないところは聞き合いながら進めていきます。
在宅でできるので、今のいろいろ大変な状況の中でも、とても安心してお仕事できますよ!また、業務を継続いただく中で条件に合う方については、難易度の高い業務にステップアップしていただきたいと考えています。
Polarisの事務所にお近くの方は、同事務サポートの一環で「印刷・郵送業務」も併せてお願いできると助かります!!

説明会~業務開始までのスケジュール

4/9(金):業務説明会(zoom)13:30~14:30
〜4/14(水):契約書提出(事務局メールにて)
4/15(木):各種情報共有(マニュアルやアカウントなど)
4/19(月)以降(4月中):事前研修

※5月よりトライアルにて業務を行っていただきます。
2ヶ月間のトライアル業務終了の後、本稼働で関わっていただけるか、双方で意思確認を行います。

応募方法

ご興味ある方は、ロコワーク事務局あてに、メールにてご連絡ください。

ロコワーク事務局:locowork-info@polaris-npc.com
件名:【訪問看護事務サポート業務】
下記必要事項をご連絡ください。
======
■ お名前
■ お住まいのエリア(〇〇市)
■ 最寄駅
■ PCのスペック(下記参照)
======
必要スペック
メモリ:8GB以上
CPU:Intel社core i3以上(または、他社製品であれば、core i3同等以上)、core i5以上だと望ましいです!
購入年:2016年以降
※作業時に複数のアプリケーションを同時に使用するので、メモリやCPUが一定以上である必要があります。

投稿者:スタッフポラリス

【参加者募集】オーガニック料理教室ワクワクワーク主催 「仕事のはなしをしてみよう・特別編」取締役ファウンダーの市川が登壇

去る2月2日に開催された、オーガニック料理教室ワクワクワーク主催 「仕事のはなしをしてみよう・特別編」~自分らしくはたらくこと。好評につき、第2回の開催が決定しました。
前回に引き続き、ワクワクワーク代表の菅野のなさんともに、
ゲストとして、取締役ファウンダーの市川望美が登壇します。

「自分らしさ」を知る方法や向き合い方、日々を心地よく過ごすヒント、自分らしさと収入をどう捉えるかなど、多くの気付きがあったと好評だった前回。
今回はさらにその先、自分自身に向き合い「自分らしさを言語化」するワークを取り入れます。初参加の方も、冒頭で前回の振り返りを行いますので、ご安心ください。

自分らしさとの向き合い方を知りたい!
自分らしさを言語化して、日常をたのしく過ごしたい!
ここから一歩踏み出してみたい!
二人のはなしをゆっくり聞いてみたい

そんな方のご参加をお待ちしています。

開催概要

開催日時:2021年4月6日(火)21:30-23:00
開催方法:Zoomによるオンライン配信
参加費:3,800円
定員:50名
主催:オーガニック料理教室ワクワクワーク


Polarisの「講演・セミナー」詳細については、こちらからご覧ください。
女性の多様な働き方、創業・起業支援、ワークシェア推進、組織開発などテーマやニーズに合わせてご提案いたします。

講演依頼はこちら

投稿者:スタッフポラリス

Polarisのはたらき方vol.7 「伴走サポート業務」という仕事

英会話やダイエットなど、一定期間継続して取り組むことではじめて成果の出るものがあります。とはいえ、長期間継続するためのモチベーションを維持するのは簡単なことではありません。苦しい時、挫けそうになった時、誰かに励まされることで、あきらめずに頑張れることがあります。

Polarisで請け負っている業務の中で、目的遂行のために努力する人に「伴走」し、モチベーション維持や進捗管理などのサポートをオンラインで行っているものがあります。豊富な社会人経験や育児経験で培ったコミュニケーションスキルや進捗管理スキルを持つメンバーが、対象者のバックグラウンドに寄り添ってサポートします。

今回はオンラインのプログラミングスクールで受講生の目標達成を支援する、「伴走サポート業務」の仕事内容と、はたらき方についてご紹介します。

【INDEX】

「伴走サポート業務」の仕事とは?

「伴走サポート業務」とは、継続が難しいことに取り組んでいる人や、そもそも継続自体を苦手とする人を対象に、オンライン上で、目的遂行のための進捗管理を行ったり、モチベーションアップするよう「励まし」や「寄り添い」のメッセージを送信したりすることで、目標までの継続をサポートする仕事です。

今回はオンラインのプログラミングスクールの受講生サポートの事例を参考に、「伴走サポート業務」の仕事をご紹介します。

異業種、あるいは異職種からプログラマーやエンジニアへの転職を目指して、オンラインでプログラミング学習を行う受講生のサポートを行うため、週に2回程度、学習の進捗管理とチャットでのメッセージ送信をしています。

オンラインプログラミングスクールでの「伴走サポート業務」の仕事

受講生サポートの体制は、目標達成のために3つのサポート役があり、「伴走サポート業務」のメンバーは、ほかの役割のサポーターとコミュニケーションを取りながら、オンラインチャットで学習意欲が高まるようなサポートを担当しています。
学習意欲が高まるような励ましや寄り添いのメッセージを送ることで、受講生が前向きに楽しく学習に取り組めているか、学習方法や学習時間の確保ができているかなどを確認していきます。仕事やプライベートと学習の両立などで悩んだりしていないかなども、日々の学習の様子を追いながら細やかにフォローしていきます。

「伴走サポート業務」をするには?

「伴走サポート業務」は、様々な社会人経験を持つ女性、複数人がチームとなって情報共有しながら仕事を進めていきます。今回は、オンラインのプログラミングスクールで「伴走サポート業務」の仕事をしている北村さんに、仕事への取組みの様子を伺いました。

「伴走サポート業務」の仕事を始めたきっかけを教えてください。

2年程前、コーディネーターの野村香奈さんに声を掛けていただいたのがきっかけです。
当時、くらしのくうきのエリアリーダー業務を担当しており、オンラインで地域情報コンシェルジュメンバーのサポートをしていたのですが、そこでの「コミュニケーションを取りながら、相手に合わせて情報提供する」経験を活かせる業務と聞いて興味を持ちました。
ITオンチの自分にプログラミングスクールの受講生のサポートが務まるのか不安がありましたが、業務を全て在宅で行うことができるという点に魅力を感じてお引き受けすることにしました。
私は人と関わる仕事が大好きですが、接客業務などはほとんどがオンサイトの仕事です。子どもの預け先に悩まなくて良いので安心して仕事をすることができると思いました。

「伴走サポート業務」を実際に経験して

実際に「伴走サポート業務」を経験してみて、この仕事のどんなところにやりがいを感じていますか?

やはり受講生のモチベーションアップに貢献できた時にやりがいを感じます。
3~4か月の受講期間中には、どうしてもモチベーションが下がってしまう時期や学習内容の難易度が上がって学習の進捗スピードが落ちてしまう時期が出てきてしまいます。そのような時に、受講生の人柄やバックグラウンドに配慮しながら、寄り添いや励ましの言葉をかけたことで、受講生から「モチベーションを持ち直した」「焦らずに頑張ってみます」などと返信をもらえると、心から嬉しく思います。
そもそも受講生に対してはプログラミング学習にチャレンジされていること自体に尊敬の念を感じていますが、仕事と学習を両立されている受講生も多く、とても刺激を受けます。そのような受講生に学習の伴走者として頼りにしていただくことにとてもやりがいを感じています。

――受講生の対応をする上で、北村さんが大切にされていることはありますか?

オンラインスクールの受講生は自宅で学習していますので、孤独な気持ちにならないように、明るく、温かで、丁寧な文章を作成することです。メッセージに親しみを感じていただけるように、自分の社会人経験なども織り交ぜなから、押し付けがましくならないように言葉を選ぶようにしています。
迷ったり、悩んだりした時には他の「伴走サポート業務」メンバーの対応を参考にしたり、相談したりして、過去の事例や別の視点などを得ることで、独りよがりにならない、バランスのとれたメッセージを作成する工夫もしています。

「伴走サポート業務」の仕事をしていてPolarisらしさを感じるのはどんなところでしょうか?

現在「伴走サポート業務」は8名のメンバーで稼働しているのですが、メンバー同士はチャットで毎日気軽に相談や情報共有などをしながら業務を行っています。一人で抱え込まずにチームで仕事を進めていくやり方はとても安心感があり、Polarisらしいと感じています。

また、月に一度、オンラインで定例ミーティングを行い、そこで共有された課題や情報を受講生視点で整理して、クライアントにフィードバックし、受講生対応に役立てていただいています。
例えば、以前は受講生の対応頻度はほぼ毎日、あるいは受講生の希望に合わせて3日おきや1週間おきというルールでしたが、「受講生の個性や生活の状況、取り組んでいるカリキュラムの内容によって、頻繁にコミュニケーションを取った方が良い時と、学習の進捗を見守った方が良い時がある」というフィードバックをしたことがありました。その意を汲んだクライアントは、ミニマムな対応頻度だけを提示し、あとは「伴走サポート業務」側が裁量権を持つよう、すぐに運用を変更してくださいました。
私たち「伴走サポート業務」側の「受講生一人一人に寄り添ったサポートを提供したい」「このサービスをより良いものにしていきたい」という想いが、クライアントからの信頼を得るとともに、クライアントとのフラットな関係性を作っている点もPolarisらしいと感じています。


「伴走サポート業務」という仕事、イメージいただけましたでしょうか?
さまざまな仕事がAIにとって替わると言われている中でも、「伴走サポート業務」のような仕事は、これからも人が担っていく仕事であり続けるでしょう。
このように、場所や時間に縛られることなくできる仕事の幅が広がることで、多様な人が社会参加をする機会になることを期待しています。

【Polarisのはたらき方】
Polarisのはたらき方VOL.1【Polaris流テレワーク】スタート
Polarisのはたらき方VOL.2【Polaris流テレワーク】Web会議編
Polarisのはたらき方VOL.3【Polaris流テレワーク】オンラインお茶会&飲み会編
Polarisのはたらき方VOL.4 コミュニティマネージャーという仕事
Polarisのはたらき方VOL.5 地域コンシェルジュという仕事
Polarisのはたらき方VOL.6 海辺でワーケーション!自然を感じて、自分をリセットすると仕事への集中力もアップ

投稿者:スタッフポラリス

【参加者募集】「はたらくをアートする 自由七科」4月開講記念オープンセミナー!

「ふつう」とひとくくりにまとめられる人は少なくなり、多様性を認めることが求められる現代社会。またコロナ禍においてかつての日常は失われ、はたらき方のあり方、価値観も大きく変わっていく、そんな最中にあるようです。

Polarisは「未来におけるあたりまえのはたらき方をつくる」ことをミッションとして、10年前に創業。多様であることを前提としたはたらく仕組みと、それを受け止める組織作りを目指し、試行錯誤しながら、仲間や関わる人たちと共に道をつくってきました。
また、Polarisがこの10年で体感したことは、違和感に立ち止まり、問いを立てみんなで考えること、問いを持ち続けながら進んでいくこと、それを問い続ける場やコミュニティ、そして仲間の存在が、この先の未来を描くために必要なことだということです。
そんな想いからこの春、学びの場「はたらくをアートする自由七科」を立ち上げます。


「はたらくをアートする自由七科」
学び、探究しなくても「はたらく」ことはできるかもしれない。
けれどこの先ずっと、このまま続けられるのか、と思うと不安になる。
もっとここちよく、もっと私らしさに根ざしたはたらき方を探究してみる。
仲間と語り合い、惑うことがあっていい。
はたらくことを自由に描き、表現することが
未来におけるあたりまえのはたらき方をつくることに繋がっていく。
共に探究し、試行錯誤する。
そんな「学び」の場・コミュニティが自由七科です。

自分の中のアートが目覚める 5つの学部として

  • 自分らしくはたらく学(先行して春に開講)
  • 共にはたらく学
  • 地域ではたらく学
  • 暮らしに出会う学
  • 思考と対話ラボ

2021年夏には上記の学部が立ち上がる予定です。


4月開講を記念して開催するオープニングセミナーでは、Polarisの取締役ファウンダー市川望美の大学院時代の担当教授であり、コンサルティング会社アイグラムの代表取締役、物語ナビゲーターとして活躍されている梅本龍夫氏をお迎えして、自由七科のテーマである「なぜ、はたらく×アートなのか」について対話し、深めていきます。

  • 「ふつう」がなくなったわけ、なぜ多様な時代になったのか?
  • 明確なサクセスストーリーが無くなった今、正解のない時代をどう生きる?
  • なぜアートなのか?はたらくとアートをつなぐものはなんだろう?

これからのはたらき方を、一緒に考えてみませんか?

オープニングセミナー

登壇者

梅本龍夫(うめもとたつお)

iGRAM代表取締役 物語ナビゲーター
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授
立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科客員教授

市川望美(いちかわのぞみ)

非営利型株式会社Polaris取締役ファウンダー・ファンドレイザー
NPO法人Loco-working協議会代表理事
立教大学社会デザイン研究所研究員

開催概要

開催日時:2021年4月4日(日)13時〜14時半
開催方法:Zoomによるオンライン配信
参加費:1000円
定員:50名
申込方法:(peatix)

投稿者:スタッフポラリス

3/21(日)開催「コミュニティフォーラム2021」に取締役ファウンダーの市川が登壇

NPO法人CRファクトリー主催のコミュニティの祭典「コミュニティフォーラム 2021」が320日(土)・21日(日)にオンラインで開催されます。

21日(日)に開催の分科会にて、『ここちよく「働く」をデザインする~組織・地域・個人の視点から~』というテーマのもと、弊社取締役ファウンダーの市川がゲストのみなさんとお話をさせていただきます。

ご興味ありましたら、ぜひご参加をお待ちしております。

開催概要

日時:2021320() 10:0018:00
2021321() 10:0018:00

開催方法:オンライン(Zoom

定員:150名
参加費:1日券 4,000(税込)2日券 8,000(税込)

お申し込み:Peatixからお申し込み
イベント詳細はCRファクトリーのサイトをご覧ください。

投稿者:スタッフポラリス

テレワーク疲れをリフレッシュ ご近所ワーケーションのススメ

ここ1年でテレワークが一般的となり、会社以外の場所で仕事をする人も多くなりました。
リゾート地やローカルエリアなど、普段の職場とは異なる場所や環境で働きながら休暇を取る「ワーケーション」にも注目が集まっています。

Polarisは東京都調布市でコワーキングスペース「co-ba CHOFU」を運営しており、約50名の会員様のほとんどが、調布周辺にお住まいです。行動範囲が制限されがちな今、時には気分転換に異なる仕事環境を提案したい!

そこで今回は、co-ba CHOFU会員やスタッフで、あえて「片道30分以内」で新しい仕事環境を見つける企画、「ご近所ワーケーション」の様子をご紹介します。
※本企画は2020年9月~11月に実施しました。

Index

自然豊かな深大寺でワーケーション

9月中旬から11月までの期間限定で、元そば屋の空き店舗を活用した場「深大寺いづみや」さんにご協力いただき、co-ba CHOFUの会員限定で「深大寺ワーケーション企画」を実施しました。

「深大寺いづみや」さんは、空き家活用に興味がある人が集まったコミュニティのメンバーが運営する場所です。地域に開き、いろいろな方に活用してもらいながら周辺エリアの活性に寄与するのを目的としています。今回は特別に許可をいただき、月に2回、11時~17時にco-baが出張し、会員様に自由に利用してもらいました。(深大寺いづみや

深大寺いづみや
目の前は深大寺の境内で、緑豊かな景色が広がります。

室内を掃除して、机や延長コードを整えて、11時にオープン。初回は、まだ暑さが残る9月中旬だったので、聞こえるのはセミの声と、車が通る音くらい。まるで遠くの観光地に来たかのような環境で、利用してくれた会員からは「旅に来ているみたい」と、まさに狙い通りのコメントもいただけました。

年季の入った引き戸を開けると、土間と畳の小上がり、そしてカウンター越しに大きな台所が見えます。
それぞれが好きな時間にやってきて、好きな位置に座って、お仕事を開始します。

深大寺
マイナスイオンたっぷりの環境で一気にリフレッシュ

初回は皆さん落ち着かない様子で、いづみやさんと深大寺境内を行ったり来たりで「バケーション」が多めの印象。厄除けの札を購入したり、周辺を散策したりと、それぞれ楽しそうに過ごしていました。

土間でテレワーク

毎回4~7人ほどの会員様が利用してくれましたが、co-ba CHOFUにいる時よりも会員同士の交流が盛んだったのも印象的でした。開放的な環境と、「働きすぎないゆとり」がそれぞれの心にも、いづみやさんの空間にもあったのが、自然と交流を促したのかもしれません。
会話に花が咲いたと思うと、一気に集中モードに。適度にリラックスと集中ができていたようでした。

開放的な環境で、自然と交流が生まれます

終了の17時前になると、その場にいる人たちと後片付けと整頓をはじめて、最後にシャッターを閉めて解散です。

時代を経た建物の隙間は、空間と心に余白を生み出してくれる一方で、蚊の残像が視界に入ることも。気温の変化も感じながらのワーケーション体験に、普段はこうした環境と離れてしまっていたことに気づかされました。
五感も刺激してくれる深大寺ワーケーションの評判は上々でしたので、また機会があれば気候の良い時期に実施できればと考えています。

よみうりランドで「アミューズメントワーケーション」

調布のお隣、稲城市にある遊園地「よみうりランド」にて期間限定で開催していた「アミューズメントワーケーション」を、10月下旬にスタッフ2名で体験してきました。

特設スペース入口

「アミューズメントワーケーション」は、遊園地の開放的な空間を生かし、“エンターテインメント×ワーク”をテーマに新感覚のお仕事スタイルが体感できる新サービスプラン。(開催期間は2020年10月15日から2020年12月23日までの平日日中のみ、現在はサービス終了、再開未定)
電源やWi-Fiを完備した「よみうりランド内プールWAI」プールサイドの特設スペースに、テーブルやデッキチェアが設置され、非日常空間で仕事をすることができます。このサービスの目玉は、観覧車を1時間貸し切り予約できるというもの。モバイルWi-Fiルーターと電源バッテリーを貸してくれるので、空中散歩をしながらのパソコン作業が可能です。
よみうりランド「アミューズメントワーケーション」

指定時間に入園ゲートへ向かい、検温後事務所で料金を精算します。ワーケーションに関する説明書等を受け取り園内へ。
ワーケーション用の席が用意されているのは「グッジョバ!!」エリア奥のプールサイド。
しかし、遊園地に来たからには、まずは遊び心を満タンに。

オリジナルの日清焼そばU.F.O. が作れるアトラクションで、まずはバケーション!

危うくそのまま遊び続けてしまいそうでしたが、なんとかワーケーション特設スペースまでたどり着き、指定のブースに目をやると、そこにはデッキチェアとテーブルが設置してありました。

緩やかに仕切られたブースに、一つおきにデッキチェアが配置されていました。

デッキチェアに落ち着くと、膝にパソコンを乗せて、ようやくワークタイムがスタートです。
BGMは、ジェットコースター方面からかすかに聞こえる絶叫と、園内音楽です。

目の前にはプールがあり、海辺のリゾートホテルに泊まりに来ているかのような気分

さて次は、観覧車を貸し切りでワークスペースにできるという大胆なワークタイム。予約時間が迫ってきたので、急いで観覧車エリアへ移動します。

モバイルWi-Fiルーターと電源バッテリーを受け取り、観覧車に1人乗りこみます。

パソコンを取り出し、Wi-Fiに繋ぐなど準備をしている間に、ゴンドラは頂上に到達。景色を楽しんでいると、あっという間に1周が終了し、落ち着かないまま2周目に突入です。
少し風が強く揺れたため、長時間文字を打つ作業には向かなかったことと、ワクワクが勝って仕事どころではなかったため、別の場所にいるco-baスタッフとビデオ通話を始め、3周で下車しました。観覧車でパソコンを開くという非日常を体験できただけで大満足なひとときでした。

遊園地のトータル滞在時間は食事時間も入れて4時間ちょっと。そのうち仕事時間は約1時間と、だいぶ「バケーション」が多めとなりました。しかし、目的は「ワーク」と「バケーション」だったので、遊んでも罪悪感がなく、短時間でしたが作業に集中できたことは手応えアリです。いつもの仕事場と同じペース、同じ量の作業をこなすのは当然難しいので、業務に余裕がある時や、アイデアを育てたい時にこのような非日常空間で仕事をするとよさそうです。

ご近所ワーケーションのメリット

深大寺とよみうりランドという、移動時間が片道30分以内の範囲でワーケーションをしてみました。
どちらも共通だったのが、「普段よりもたくさん歩いた」という点です。特に在宅ワークとなると、外に一歩も出ずに夜を迎えることもあり、運動不足を感じている方も多いかと思います。深大寺ワーケーションでは、調布駅周辺から30分近く歩いてやってくる方もおり、近いがゆえに移動時間を運動時間として気軽に活用しやすい側面がありました。

また、近いのに、まるで遠くに旅行に行ってきたかのような気分転換ができたことも、大きなメリットです。リフレッシュ度合いと、移動距離は比例しないというのが新たな発見でした。30分以内で日常に戻れて、「体への負担」「日々の生活への影響」「移動コスト」が少ないので、大げさな計画を立てなくても気軽に実行できます。

距離の近さは非日常感を薄くしますが、目の前が海、といったリゾート感たっぷりの環境でひたすら一日中パソコンに向かっていたことに気づいた時の虚しさも薄めてくれそうです。

働き方も、働く場所も選べる時代。自分が暮らす街やその周辺で、お気に入りの場所を見つけて「ご近所ワーケーション」を始めてみてはいかがでしょうか。

投稿者:スタッフポラリス

co-ba CHOFU 会員募集のお知らせ

2021年3月1日より、非営利型株式会社Polaris運営の会員制コワーキングスペース「co-ba CHOFU(コーバチョウフ)」が移転リニューアルオープンいたします。
それに伴い、新規会員を募集いたします。

概要

〇所在地:東京都調布市小島町2-51-2 寿ビル2F(調布駅より徒歩1分)
〇設備:ロッカー、会議室(6人定員、別途料金)、オンラインミーティング用ブース、給湯室、レーザープリンター
〇各種サービス:Wi-Fi ・電源完備/法人登記・住所利用可能/スタッフ常駐(平日10〜18時)

募集スケジュール

□2021年3月15日(月)~3月31日(水)(平日のみ)入会検討者向け お試し利用期間

「ドロップイン2時間無料キャンペーン」(1日先着5名限定、事前予約制)
※以下のボタンからご予約ください。
※空き状況は、co-ba CHOFU HP の「カレンダー」をご確認ください。


□2021年4月1日(木)~ 新規会員 入会開始

「事務手数料無料キャンペーン」
4月30日(金)までに入会の場合、事務手数料10,000円が無料となります。
※入会には、事前審査がございます。

会員プラン・会費等利用料金

※料金はすべて税抜き表示です

プラン 会費
一般会員(全日7時~24時) 13,000円
登記・住所利用会員(全日7時~24時) 18,000円
co-ba NETWORK会員
co-ba CHOFU全日7時~24時、全国のco-ba(一部)ドロップイン無料
15,000円
夜間会員(全日18時~24時) 8,500円
土日会員(土日7時~24時) 8,500円
平日午前会員(7時~13時) 6,000円
有料ロッカー 1個につき1,500円/1ヶ月
ドロップイン(平日10時~18時) 1時間500円 
全日(10時~18時)3,000円
会議室(6名定員) 
※利用可能時間 平日10〜18時 
★事前予約制
一般価格 1時間3,000円
会員価格 1時間500円

お問い合わせ先

co-ba CHOFU

投稿者:スタッフポラリス

【募集終了】2021年4月オープン!
MID POINT川崎のラウンジ運営スタッフ募集

住宅立地型で「職住近接」をテーマとしたレンタルオフィス、MID POINT
Polarisでは、第一拠点である目黒不動前の立ち上げより、場の運営に携わっています。
場の運営をレンタルオフィスでサポートしているのが「コミュニティマネージャー」です。
今回、新規店舗オープンに伴い、MID POINT川崎の「コミュニティマネージャー」の募集を開始します。

業務内容

  • MID POINTの共用スペースであるラウンジの受付業務および入居者管理業務(基本的なパソコン作業あり)
  • コミュニティ活性イベントサポート業務
  • シェアオフィス内、各フロアのケア(入居者フロア、会議室の簡単な清掃など付随する業務) etc

\実際にMID POINTで仕事をするコミュニティマネージャーのインタビュー掲載中!/

募集要項

営業日:平日(土日祝日、年末年始を除く)
勤務地:神奈川県川崎市幸区中幸町3-31-2 Loc’s KAWASAKI BLDG 7-9F(JR川崎駅徒歩5分)
勤務時間:11:30-17:00
報  酬:6,050円(休憩なし)
遠方の場合、交通費別途支給
募集人数:4人(シフト制、週2回程度)
※エプロンの貸与。 白シャツ持参。
契約形態:業務委託

業務説明会

2月25日(木)14時~
3月1日(月)15時~
オンライン(Zoom予定)で1.5時間程度。
ご都合合わない場合はお知らせください。

研修スケジュール

研修1 (2時間程度)
具体的な業務内容(研修1までに業務委託契約書・機密保持契約・誓約書の提出)

研修2 (2時間程度)
スタッフとして働くための基礎知識

実地研修(4月頭~1ヶ月間)
現コミュニティマネージャーと一緒にシフトイン予定。

トライアル業務期間(5月)

振り返りを経て本稼働(6月~)
※研修、トライアル期間は報酬金額が異なります。
(1,013円/時ベースで時間積み上げ)

応募について

下記「応募する」ボタンよりご応募ください。

応募〆切は2021年2月28日(日)正午です。

MID POINTラウンジ運営会社
非営利型株式会社Polaris

求人に関してのお問い合わせ

ご不明な点等ございましたら、下記メールアドレス宛にお問い合わせください。
locowork-info@polaris-npc.com

MID POINTについて

株式会社コスモスイニシアが運営する職住近接のレンタルオフィスです。個室や半個室、会議室を備え自宅の近くで働くことをサポート。仕事だけでなく、コミュニティに参加することで居心地や愛着を深め、リラックスできるデザイン性の高い空間で働くパフォーマンスを上げます。
MID POINT公式サイト