Polarisファウンダー 市川望美の日々のこと vol1

著者:スタッフポラリス

Polarisファウンダー 市川望美の日々のこと vol1

非営利型株式会社Polarisのファウンダー(創設者)である市川望美の日々の行動、思考をお届けします。

Scene1.市川望美、「Loco-working」伝道師として全国を回った2019年

※「Loco-working(ロコワーキング)」は、Local(地域)×Coworking(共にはたらく)=Loco-working の略語で、「愛着のある場所で暮らし、はたらく」ことをコンセプトにした、Polarisが提案する新しいはたらき方です。

Polarisの“Chief Story Officer”(事業に「物語」を紐づけていく役割)である市川望美は、「Loco-working伝道師」として全国のさまざまな街に出かけ、愛着のある地域で暮らし、はたらきたいと考える人たちとのパートナーシップづくりを担っています。2011年8月の事業開始以来、北は秋田から南は沖縄まで、19都府県45市区町村を訪れました。

2019年は福岡・糸島にはじまり、仙台、陸前高田、広島、京都、沖縄、秋田を訪問した年。どの地域でも、自分たちの愛着のある場所ではたらき方を作っていきたいという熱い思いを受け取ってきました。

2019年の軌跡

  • 福岡県糸島市:一般社団法人ママトコラボ と共同でセミナー・スタッフ研修 を開催。
  • 宮城県仙台市:民間企業とコワーキングスペースの運営・連携についての打合せ。
  • 岩手県陸前高田市:一般社団法人SAVE TAKATA と、「子育て女性のワークシェア」について意見交換及び市内視察。
  • 広島県廿日市:Firste と「地域女性と地域中小企業によるワークシェア」実現に向けたセミナーを開催。
  • 京都府京都市:パートナーシップを組んでいるウエダ本社utena works と「京都から創る共創型ワークシェアモデル」について打合せ。
  • 兵庫県神戸市:シンポジウム開催に向けた打合せ。
  • 沖縄県:JICA主催のアジア女性社会起業家ネットワーク(AWSEN) のサミットに参加。
  • 秋田県藤里町:地域活性化についての打合せ。

生活様式や文化的背景、まちの中で流れてきた時間や育まれた関係性、課題は街ごとに存在します。そのため、愛着のある地域で暮らし、はたらくために、「Polarisの取り組みをそのまま『まち』に取り入れればOK!」というわけにはいかないのが現状です。しかしPolarisがこれまでに積み重ねてきた実践例が、いろいろな地域の方の役に立つことが増えてきた手ごたえを感じ始めています。今後は、訪問先の地域での詳しいレポートをお伝えしていきますので、ご期待ください!